小さな紙に込められた日本の伝統礼儀文化、「折形」を中国人が体験=中国メディア

小さな紙に込められた日本の伝統礼儀文化、「折形」を中国人が体験=中国メディア
中国メディアは、日本の伝統的な礼儀文化である「折形」を紹介するこイベントがこのほど北京で開かれたと報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 伝統的な子どもの遊びとして、また時に芸術作品として用いられる「折り紙」のルーツは、武家の礼儀作法にあることは今の世の中ではあまり知られていないかもしれない。中国メディア・中国網は2日、日本の伝統的な礼儀文化である「折形」を紹介するこイベントがこのほど北京で開かれたと報じた。

 記事は、装道礼法きもの学院の五十嵐キミ子さんが8月30日午後に北京市内で「折形」の講座を開き、日本文化を愛好する市民向けに日本の伝統的な礼儀の文化や作法、贈り物などに関するレクチャーを行ったと伝えた。

 そして「折形」について、今から600年以上前の室町時代に始まったとされる風習で、他人に贈り物をする際に包む和紙を折る作法を指すと紹介。「折り紙」が遊びを目的としているのとは異なり、「折形」は多くの場合オフィシャルな場面で用いられるとともに、実用性も持っていると説明した。

 そのうえで、講座では五十嵐さんがお金を包む際のさまざまな折り方を披露するとともに、それぞれの折り方には相手への敬意が込められており、日本文化独特の審美意識が十分に示されていると解説したことを伝えている。

 記事は、現在に至るまで「折形」は依然として日本人の日常生活中に存在しており、その用途はすでに礼儀作法に留まらないと紹介。「器用な両手で小さな和紙を菓子皿や箸置きなどに変えてしまう。実用性の高さとともに、素朴な日本的美学もはっきりと表れているのだ」と評した。(編集担当:今関忠馬)


【関連記事】
他国がマネできない最強のネジ、開発した日本の会社は従業員50人足らずの中小企業だった=中国メディア
アジアでは「もう日本のような先進国は生まれない」・・・それはなぜ?=中国メディア 
中国のおばちゃんたちが日本に来て爆買いをしなくなった理由=中国メディア
楽しくて懐かしい!日本で廃校を利用した水族館が人気=中国メディア
戦前戦後と日本が世界をリードできたのは、まさにこの「2文字」のおかげだ=中国メディア

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年9月4日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら