浦和レッズの日本選手、たったパス6回で広州恒大の守り崩す コンビネーションと足元の技術に感嘆 

浦和レッズの日本選手、たったパス6回で広州恒大の守り崩す コンビネーションと足元の技術に感嘆 
中国メディアは、サッカー・AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝での浦和レッズの先制ゴールについて「6人の日本選手が6回のパスを回し、たった18秒で広州の守りを崩した」と報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 サッカー・AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝、浦和レッズ―広州恒大の第1回戦が2日にさいたまで行われ、浦和が2-0で勝利した。中国メディア・東方網は2日、浦和の先制ゴールについて「6人の日本選手が6回のパスを回し、たった18秒で広州の守りを崩した」と報じた。

 記事は、中国スーパーリーグで7冠を達成した広州が、この試合では前半18分に早くも「城門の守りが破られた」と紹介。浦和が自陣内からのフリーキックで攻撃を開始すると見事なコンビネーションを見せ、ゴールを決めるまで広州の選手に全くボールを触らせなかったとした。

 そして、同18分24秒から42秒までの18秒間に6人の日本人選手が6回パスを回し、さらにFWファブリシオ・ドス・サントス・メシアス選手につないでゴールを決める間、広州はエウケソン選手、タリスカ選手、鄭涵文選手、黄博文選手、高準翼選手らが集団でボールを奪いにかかったが失敗したと説明。「日本人のパスの基本技術は本当にしっかりしているとの感慨を覚えざるを得ない」と評している。

 記事は、成熟したコンビネーションと確かな足元の技術により広州の守りを破って先制点を挙げた浦和が試合を優位に進める展開になったと伝える一方で、前半を浦和の1-0で終えた時点では「後半は広州にもチャンスはあるはずだ。相手はアウェーでゴールを挙げられるの恐れ、きっと守りに入るだろう。そうなれば広州のチャンスは広がる」と展望していた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月3日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。