日本の病院のシステムは、本当に患者のことが考えられている=中国メディア

日本の病院のシステムは、本当に患者のことが考えられている=中国メディア
中国メディアは、日本の医療制度や医療サービスについて、患者のことが良く考えられているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は6日、日本の医療制度や医療サービスについて、患者のことが良く考えられているとする記事を掲載した。

 記事はまず、日本の医療制度では総合病院と呼ばれる大病院と、「クリニック」と呼ばれる個人の開業医院が主体となる小病院とに分かれ、それぞれ分担がはっきりしていると紹介。頭痛や発熱といった症状が出た場合は、まず住まいに近い小病院で診察を受けることになっているとした。

 そして、小病院は規模こそ小さいものの、診察を行うのは一定の経験を積んで開業が認められた質の高い医師であると説明。小病院で診断ができなかった症状があったり、重い病気だったりといったばあいは、これらの病院の医師が大病院あてに紹介状を書いてくれるとし、このように患者の「分流」作用がしっかり機能しているため、中国のように小さな病気から大きな病気までさまざまな患者が大病院に押しかけて非常に混雑するという状況は見られないと伝えている。

 また、大病院では基本的に予約診療制となっており、診察を受ける患者はまず看護師の案内により一通りの検査を済ませ、それから医師の診断を受けることになると紹介。このようなシステムにすることで医師の作業効率が高まるだけでなく、患者が医師と各種検査室の間を何度も往復するという面倒を省くこともできるのだと説明した。

 さらに、大病院では入院用の受付、初診用の受付、再診の受付など、受付の窓口が分かれているとも伝え、医師と患者にとって効率が高められているとしたほか、診察を行う際も中国のように他の患者が診察室に入ってくるようなことは絶対にありえないとしている。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。