スペイン紙が選ぶアジアのベストイレブン 日本から最多4人、中国からも1人選出=中国メディア

スペイン紙が選ぶアジアのベストイレブン 日本から最多4人、中国からも1人選出=中国メディア
中国メディアは、スペインメディアが選んだアジアサッカーのベストイレブンで、日本人選手が4人と最も多く選ばれ、中国人選手も1人名を連ねたと報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は13日、スペインメディアが選んだアジアサッカーのベストイレブンで、日本人選手が4人と最も多く選ばれ、中国人選手も1人名を連ねたと報じた。

 記事は、スペインの日刊スポーツ紙・マルカが先日、アジアのベストイレブン投票を行ったと紹介。投票には約1万5000人のサッカーファンが参加し、各ポジションの人気選手が選出されたとしている。

 GKはオーストラリアのマシュー・ライアン選手が選ばれた。DFは日本の長友佑都選手、吉田麻也選手、ニュージーランドのウィンストン・リード選手、カタールのペドロ・コレイア選手の4人、MFは日本の柴崎岳選手、久保建英選手、韓国のキ・ソンヨン選手の3人、そして、FWはカタールのアルモエズ・アリ選手、韓国のソン・フンミン選手、中国の武磊選手の3人が入選した。

 記事は、ベストイレブンのなかで日本が最大の「勝ち組」であるとし、計4人が選ばれたと紹介。このほか、カタールと韓国が2人、中国、ニュージーランド、オーストリアがそれぞれ1人という内訳になったことを伝えた。

 また、FW3選手の得票率についても紹介し、ソン・フンミン選手が70%という圧倒的な得票率でトップに立ち、2番めに武磊選手の23%が続いたとしている。

 なお、カタールの2選手はいずれもアジア域外からの帰化選手で、ペドロ・コレイア選手はポルトガル出身、アルモエズ・アリ選手はスーダン出身だ。中国で唯一選ばれた武磊選手は現在、スペイン1部のRCDエスパニョールに所属している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日常生活に荘厳さを与える、日本人の細かい「こだわり」とは=中国メディア
米誌が選ぶ「世界の観光都市トップ10」で、日本から3都市入る 中国大陸はなし=中国メディア
日本メーカーが注目しているのに、自国消費者が注目しようとしない中国国産車=中国メディア
今年もノーベル賞受賞者を出した日本が抱く、将来への憂慮=中国メディア 
中国女子バレーの郎平監督、東京五輪後はどうする? 日本や米国のファンから「ラブコール」も

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年10月15日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら