「財産を猫に残したいのですが、いいですか」=中国メディア

「財産を猫に残したいのですが、いいですか」=中国メディア
「95後」と呼ばれる20代前半のある女性が今年4月に弁護士にネット相談した内容が中国で多くの人々の物議を醸している。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 「財産を猫に残したいのですが、いいですか」――中国メディアのZAKERハルピンが10月13日掲載の記事で伝えた。

 記事によると、この女性は中国浙江省杭州の出身で、省外の大学に進学。在学中は大学内にいた野良猫に度々エサをやりながら猫にも慰められ本当にかわいいと思っていたが、誰かが野良猫の世話をしてやらなければならないと考え、弁護士にネット相談で猫に財産を残すことができるか問い合わせたという。この女性は結婚したばかりで、夫とも相談したうえで今後の子供よりも猫にお金が必要と考え相談したというから驚きだ。

 これに対し弁護士は、始めは女性が何か挫折でもしたのかと思ったが、事情を聞いて「中国における相続人は生きている自然の人に限られており、動物やペットの類は合法的な相続人になれません」と説明。女性は「以前見た海外映画でできるようだったのでこの考えを思いついたのですが、弁護士にできないと言われるとは思ってもみませんでした。ハハ」と残念そうに話したという。女性の相談に対し、常軌を逸していると考える人が大部分だが、中には肯定的に捉える人もいると記事は伝えた。

 この1995年以降に生まれた世代の「95後」は中国が貧しく先進国に追いつこうともがいていた時代を知らず、お金に対する安心感がどの世代よりも強いといわれる。中国版ゆとり世代の「95後」とそれ以前の世代は、別の人種であるといわれるほど違うとされ、その違いを中国電子商取引(EC)大手の

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月15日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。