低迷する中国への外国人旅行、初めてインバウンドをアウトバウンドが上回る=中国メディア

低迷する中国への外国人旅行、初めてインバウンドをアウトバウンドが上回る=中国メディア
中国から国外への旅行は伸び続けているが、その一方で、国外から中国への旅行は伸び悩みが顕著になっている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 景気の低迷にもかかわらず、10月初旬の国慶節の休暇期間中には中国から多数の人々が日本を訪れたことからもわかるように、中国から国外への行は伸び続けているが、その一方で、国外から中国への旅行は伸び悩みが顕著になっている。

 中国メディアの中国経営網によると、2018年には1,497億人の中国人が国外旅行に出たが、訪中外国人旅行者数は1,412億人にとどまり、初めて後者が前者を下回った。

 同記事によると、訪中外国人旅行は、20世紀最後の20年間は、人数は年19.47%、外貨収入は年20.55%の勢いで急増し、2001年から2010年の10年間には人数は年4.6%、外貨収入は年11.1%伸びた。ところがその後勢いは衰え、年ごとの延べ人数は2016年1.38億人、2017年1.39億人、2018年1.41億人と低迷している。対照的に中国からの国外旅行者数は2016年1.22億人、2017年1.31億人、2018年1.50億人でそれぞれ伸び率は4.3%、7.0%。14.7%と増勢を強めている。

 同記事は10月29日に開催されたネット旅行サイト最大手の携程旅行網(シートリップ)開業20周年記念式典上で披露された梁建章同社董事長の意見を掲載しており、それによれば、インバウンド旅行による収入がGDPに占める割合は、一般的には1~3%だが、中国においては0.3%に過ぎず、もしそれを1~3%にまで引き上げることができれば、1,000億~2,000億元の収入があり、それは貿易収支の30~60%に相当するという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年11月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。