わが高速鉄道は世界一なのに、なぜ自動車産業はこんなに遅れているのか=中国

わが高速鉄道は世界一なのに、なぜ自動車産業はこんなに遅れているのか=中国
中国メディアは、中国高速鉄道は世界一なのに、どうして自動車産業はこんなに遅れているのかと題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国の自動車市場は2018年から冷え込んだまま回復の兆しが見えていない。19年1月から10月までの累計販売台数は、前年同期比9.7%減で、中国車も同17.4%減と落ち込みを見せた。中国メディアの今日頭条は22日、中国高速鉄道は世界一なのに、どうして自動車産業はこんなに遅れているのかと題する記事を掲載した。

 記事はまず、中国は規模の点では自動車大国となっていると指摘し、中国の自動車業界の総生産額は莫大な規模に達すると論じた。さらに、自動車産業はほかの多くの産業にも影響を及ぼす重要な産業であると重要性を強調。部品数が多いため関連する企業数が非常に多く、税収効果、就業機会の拡大などにもつながると指摘した。また、自動車産業は技術発展にも貢献するとしている。

 ではなぜ中国は自動車大国なのに「遅れている」のだろうか。記事は、中国の自動車産業の歴史を振り返れば急速に進歩していると指摘。中国メーカーが車を自主開発できるようになったのは今から60年あまり前にすぎず、それまでは「何もなかった国が自動車大国になった」という見方が正しいとしている。

 中国の自動車市場が飛躍的に拡大したのは、2001年にWTOに加盟し関税が下がったために、自動車が全体的に安くなったことがきっかけだという。また、リーマンショック時の金融危機に対して中国政府が行った税緩和政策も功を奏し、中国の自動車市場はさらなる拡大を見せたと紹介している。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。