昆虫食が世界で注目されるなか・・・日本の会社が昆虫サイダーを作った!=中国メディア

昆虫食が世界で注目されるなか・・・日本の会社が昆虫サイダーを作った!=中国メディア
中国メディアは、昆虫食ブームのなかで日本の企業が昆虫から抽出したエキスを使用した「昆虫ソーダ」を開発したとする、マレーシアメディアの報道と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は26日、昆虫食ブームのなかで日本の企業が昆虫から抽出したエキスを使用した「昆虫ソーダ」を開発したとする、マレーシアメディアの報道と紹介する記事を掲載した。

 記事は、マレーシアの華字紙・星州日報の報道を引用。近年多くの地域で昆虫食ブームが起きているなかで、日本の会社が近ごろ昆虫ソーダを開発して、グルメ愛好家の注目を集めたと伝えた。

 そして、主に昆虫食製品を手掛ける日本企業のTAKEOが今年8月に発売した「タガメサイダー」について、最大の特徴はタガメから抽出したエキスを加えたことであり、タガメは熱帯、亜熱帯、温帯地域に生息する水生昆虫であると紹介。消費者の恐怖感を軽減すべく、生きたタガメから抽出したのではなく、タガメの塩漬けから抽出されたエキスを使用しており、見た目は無色透明で一般的なサイダーと同様、淡いフルーツの香りで、その味わいは甘すぎず爽やかであると説明している。

 記事は、昆虫は豊富なたんぱく質を持っているうえ、飼育コストが他の動物よりも低いことから、栄養補給源として昆虫を食べるための研究が進んでいると紹介。昆虫を食べることに対する人類の心理的な抵抗感が和らぐにつれ、近年では昆虫食品ブームが行っていると解説した。

 日本では内陸農村地域における貴重なたんぱく源としてイナゴの佃煮が食されてきたほか、蜂の子をやはり佃煮にして食べる地域もある。中国でも東北地域でカイコガのサナギを食べるなど、比較的多彩な虫食の文化を持つ。とはいえ、やはり多くの人にとって、虫を食べるという行為に対する抵抗感を払しょくするのは難しいのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本の焼き鳥で初めて鶏のある「部位」を食べたら、飛び上がりそうなほどうまかった!=中国メディア
日本の家屋に見られる細やかな設備やデザインに、感動を覚える=中国メディア
日本の会社は、社員がトイレを掃除する? なぜわざわざそんなことを・・・=中国メディア 
世界の長寿アニメ番組、日本の「国民的アニメ」はなんと50年!=中国メディア
日本は「強い首相」の下で、外交における主体性が際立つようになった=中国専門家

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。