昨年世界で好調だったファーウェイのスマホが抱える「日本依存」=中国メディア 

 中国メディア・東方網は7日、米国による圧力を受けながらも世界的なスマートフォン販売で昨年好調だった中国のファーウェイ(華為電子)について、「絶対に切り離せない日本のサプライヤーがいる」とする記事を掲載した。

 記事は、ファーウェイの昨年のスマホ販売台数が2億4000万台に達し、絶対数では世界一ではないものの、前年比17%増という伸び率では世界のスマホメーカー大手6社中で最高だったと紹介した。

 また、米国から圧力を受けたファーウェイはサプライチェーンの見直しを進め、米国企業が少なくなる一方で自国や日本、韓国のメーカーが増えたことで「基本的に米国依存の状態を脱した」としている。

 そのうえで、日韓両国を中心とするサプライチェーンのにおいて「一旦ここからの供給が途絶えてしまうと、ファーウェイのスマホが持つ強みが1つ失われ、販売台数に多大な影響を及ぼし得る」ほど大きく依存している日本のサプライヤーがあるとし、それがカメラのCMOSイメージセンサーを供給しているソニーであると伝えた。

 そして、世界の50%以上のCMOシェアを持つソニーは現状でこの分野においてライバルがおらず、高性能なカメラをセールスポイントにしているファーウェイのスマホには欠くべからざる存在なのだと説明。1億画素のカメラを開発したサムスンもこの分野ではソニーに勝てず、ましてや中国メーカーは全く太刀打ちできないとしている。

 記事は、カメラ機能がスマホにおいてさらに重要になっており、ファーウェイもカメラの性能アップに力を入れ続けている状況の中、ソニーはかけがえのない日本メーカーなのだと結んだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
チープながら最も奥が深い、多くの日本人が愛する日本の究極グルメとは・・・=中国メディア 
果物を作り過ぎて大量の廃棄を出す中国と出さない日本、この差はどこにある?=中国メディア 
日本人はどんな自動車を買うのか、販売ランキングから見てみよう=中国メディア 
日本のコンビニが本当に「便利な店」と呼ばれる理由=中国メディア 
日本の教育現場を見た中国人「日本人がこれほど非情とは思わなかった!」

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。