日本に感謝した中国外交部、今度は「必要があれば可能な限り日本を支援したい」

日本に感謝した中国外交部、今度は「必要があれば可能な限り日本を支援したい」
中国メディアは、先日新型コロナウイルス感染拡大に対する日本からの支援に対し感謝を示した中国外交部が、日本での感染例増加について「可能な限り支援する」意向を示したことを報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・解放網は17日、先日新型コロナウイルス感染拡大に対する日本からの支援に対し感謝を示した中国外交部が、日本での感染例増加について「可能な限り支援する」意向を示したことを報じた。

 記事は、17日に行われた中国外交部の記者会見で、記者が「近ごろ日本国内の多くの場所で新型ウイルスの感染例が増加しており、日本政府は感染が新たな段階に入ったとの認識を示した。日本はすでにパンデミックの初期段階に入ったとの見方もある。中国は日本とさらに協力を進めるのか、日本に支援を行う用意はあるのか」と質問したことを紹介した。

 そして、この質問に対して同部の耿爽報道官が「日本の感染状況を注視しており、わが事のように感じている。ウイルスに国境はなく。国際社会、特に隣国どうしで協力を強化し、手を携えて試練に立ち向かうのは当然だ」と語るとともに、日本の政府や社会がこれまでに中国に対して誠意ある支援を行ってきたことに改めて触れて感謝を示したうえで「自国の感染状況に抗う努力すると同時に、日本と情報、経験の共有をする」としたほか、日本が必要とすれば可能な限り支援を行う姿勢を見せたと伝えた。

 さらに、耿報道官が、両国間ではすでにウイルス感染拡大抑止に向けた協力に関する具体的な作業に着していることを明かしたうえで「日本とは引き続きコミュニケーションを取り、防疫における協力を強化して両国民の生命の安全と身体の健康を共に守っていきたい」と述べたとしている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
こたつも「神」だが・・・日本にはもっと原始的で便利な暖房設備があった!=中国メディア 
ウイルス騒動への寄付額わずか100ユーロ、それでも中国ネット民が続々感謝を示した国とは・・・
日本の学校が保護者に出した一通の手紙を見て、教育の差は経済では埋められないと悟った=中国メディア 
感動! 日本が中国女子サッカーに救いの手を差し伸べてくれた!=中国メディア 
日本で刺身を食べる時に、ワサビを醤油に溶かしてはいけないってホント?=中国メディア 

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。