これは3分でちゃんと食べられるのか・・・日本の「インスタントワンタン」に中国人が驚く

これは3分でちゃんと食べられるのか・・・日本の「インスタントワンタン」に中国人が驚く
中国メディアは、日本で発売されている「インスタントワンタン」について、中国のネットユーザーが「これは本当に3分で食べられるのか」と不思議がっていると報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は27日、日本で発売されている「インスタントワンタン」について、中国のネットユーザーが「これは本当に3分で食べられるのか」と不思議がっていると報じた。

 記事は、中国にもカップ麺をはじめとするさまざまなインスタント食品があるものの、日本に比べればそのバリエーションは少ないとしたうえで、その一例としてインスタントワンタンを紹介。ワンタンは包んで茹でてとなかなか手間のかかる食べ物だが、日本のインスタントワンタンはカップ麺同様にお湯を注いで3分待てばすぐに食べられるのだと伝えた。

 また、具材は非常にシンプルで、スープが入った袋、フリーズドライの野菜や卵の「かやく」が入った袋、そして指の爪ほどの大きさのワンタンが数個入った袋がそれぞれ入っていると説明。その味わいは濃厚な味が多いインスタント麺とは異なり、とてもあっさりとしているとした。

 そのうえで、インスタントワンタンを見た中国のネットユーザーが「通常、ワンタンの具は肉あんだが、このワンタンの中身はなんなのだろうか。お湯をかけてたった3分でちゃんと火が通るのか」と疑問を抱いたと紹介している。

 インスタントのワンタンもインスタントラーメン同様、油揚げしたワンタンが使われているので、当然ながらお湯を入れる前から火は通っている。ただ、麺とは違って中に具材を包んでいることから、実際のインスタントワンタンを見たことをがない中国のネットユーザーが「どうやって火を通すのか」と不思議がるのも理解できる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
ロシア人消費者にとっての「理想の車」、それはトヨタだった=中国メディア 
どうしていつも、日本の教育は学ぶに値すると言われるのか=中国メディア 
日本人が中国人に比べて10年長生きできる理由=中国メディア 
日本の学校が保護者に出した一通の手紙を見て、教育の差は経済では埋められないと悟った=中国メディア 
新型コロナ対策で日本のアイドルが握手会で講じた措置が物議「誠意ない」=中国メディア 

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。