勉強ばかりしている中国の子どもに対し、日本の子どもは小さい頃から料理を作り始める=中国メディア 

勉強ばかりしている中国の子どもに対し、日本の子どもは小さい頃から料理を作り始める=中国メディア 
中国メディアは「中国の俳優がシイタケと霊芝を間違える一方で、日本やフィンランドの子どもたちはすでに小さい頃から料理をし始めている」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は13日、「中国の俳優がシイタケと霊芝を間違える一方で、日本やフィンランドの子どもたちはすでに小さい頃から料理をし始めている」とする記事を掲載した。

 記事は、近ごろ中国の女優・孫儷さんがSNS上で「夫にシイタケスープを作ってあげたところ、夫はシイタケを霊芝と勘違いし、『素晴らしい。妻がなんと霊芝でスープを作ってくれた』と感動していた」というエピソードを明かしたことを紹介した。

 そのうえで、この件について中国のネットユーザーの多くが「昨今実に多くの人が、料理を含めて基本的な家事すらまともにできない」との感想を残したと伝えたうえで、特に子どもたちは学業偏重の風潮によって家事をする機会がほとんどないとし、昨年浙江省杭州市の中学校で新入生の「靴ひも結び競争」を実施したところ、3割の生徒が紐を結べないという衝撃の事態が発生したと伝えている。

 記事は、家事教育のが疎かになっている中国に対し、日本では小学校5年生から家庭科の授業が行われ、炊事設備やミシンなどが揃った家庭科室で調理実習や裁縫実習などが行われれると紹介した。また、フィンランドでも中学校から「家庭経済科目」が設けられており、料理の作り方をはじめとする家事の方法、家計のやりくりなどを教えるとした。

 そして「生活の基本的な技能を身に着けることは、個人が生きていくうえでの根本だ。それなのに今の保護者がわが子の将来のキャリアばかりを考えているというのは本末転倒である」としたうえで、現在子どもたちが新型コロナウイルスの影響により登校できない状況について、保護者は家事能力を培うチャンスと心得るべきだと考えを示している。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月15日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。