そういうことだったのか! 訪日して「交通渋滞がない理由」がやっと分かった=中国

 経済発展を遂げた中国では、自動車保有台数も急速に増え、都市部の渋滞問題は深刻になっている。しかし、人口密度が高く自動車保有台数も多い東京では、中国のような大渋滞が発生することは少ない。中国メディアの百家号は1日、日本に行ってようやく「渋滞がない理由」が分かったとする記事を掲載した。

 記事はまず、中国の渋滞がいかに深刻であるかを紹介。主要道路が混んでいるのは当たり前で、特に大都市ではすでに常態化しているという。新型コロナウイルス対策で都市封鎖を実施した後は、空気がかなり良くなったというのも、普段は渋滞によってどれだけ環境が汚染されているかを物語っていると言えるだろう。

 では、なぜ日本では中国のような渋滞が見られないのだろうか。記事はそのカギは「立体駐車場」にあると分析。日本には立体駐車場が多く、二階建ての小さなものからパーキングビルまで大きさも様々あると紹介した。中国の駐車場はたいてい建物の地下にあるだけで、駐車台数に限りがあるため、「休みの日はいつも満車」だと指摘している。

 日本で渋滞が少ない別の理由として記事は、「運転マナーが良いこと」と関係があると分析。駐車違反によって事故を誘発することもなく、追い越し車線でノロノロ運転する人もほとんどいないほか、車線変更時には事前にウインカーを出すと紹介した。これは日本では当たり前のことだが、記事の中国人筆者はいたく感心している。中国ではウインカーを出さずにいきなり割り込む人が多く、車線を全く無視して走行する危険運転も少なくないからだろう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク