我が国も高速鉄道が飛躍的に発展したが、「日本の鉄道にはハードもソフトも敵わない」=中国報道

我が国も高速鉄道が飛躍的に発展したが、「日本の鉄道にはハードもソフトも敵わない」=中国報道
中国メディアは、中国では高速鉄道が飛躍的な発展を遂げたが、「鉄道での旅」という点では日本に学ぶべきだと論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国高速鉄道の営業距離はすでに3万5000キロメートルを上回っており、世界最長となっている。各都市が高速鉄道で結ばれたことで、多くの中国人にとっては都市間の移動が非常に便利になった。

 しかし、「鉄道での」という観点で見ると、中国よりも日本のほうが「より快適」であり、中国にとっては日本には学ぶべき点が多いのだという。中国メディアの百家号はこのほど、中国では高速鉄道が飛躍的な発展を遂げたが、「鉄道での旅」という点では日本に学ぶべきだと論じる記事を掲載した。

 記事は、中国では近年、高速鉄道網が全土に拡張されたことで、都市間の距離は飛躍的に縮まり、移動は非常に便利になったと指摘する一方、世界的に見た場合、「世界で最も鉄道産業が発達した国の1つは日本であろう」と主張。

 そして、日本を訪れて新幹線や電車などを利用したことのある人ならば、その快適さを「高く評価せざるを得ない」と実感したはずだと指摘し、なぜなら日本の鉄道は「設備などのハード面が快適で素晴らしいだけでなく、中国のように大騒ぎする子どもはおらず、携帯電話で大声で通話する大人もいない」と指摘し、ソフト面も非常に素晴らしいのだと論じた。

 また、日本の鉄道産業の凄さは「快適さ」という体験だけでなく、その理念にあるとし、中国では鉄道を単なる移動手段としてしか見ていないが、日本では「鉄道は文化であり、鉄道そのものが旅の目玉になっている」と主張。北海道で冬だけに運行される蒸気機関車(SL)の臨時列車「SL冬の湿原号」のように、日本には各地に鉄道を目玉にした、その土地ならではの

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月4日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。