日本は恐ろしい・・・「最も恐ろしい点」は科学技術力でも軍事力でもない=中国報道

日本は恐ろしい・・・「最も恐ろしい点」は科学技術力でも軍事力でもない=中国報道
中国メディアは、日本の「最も恐ろしい点」は科学技術力の高さでもなければ、軍事力でもなく、「教育」にあると論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国では日本や日本人について「恐ろしい存在」であると言われることがあるが、一体どのような点を「恐ろしく感じる」のだろうか。中国メディアの百家号はこのほど、日本の「最も恐ろしい点」は科学技術力の高さでもなければ、軍事力でもなく、「教育」にあると論じる記事を掲載した。

 記事は、中国が日本に最も「差をつけられている」のは軍事力でも科学技術力でもなく、「教育理念」であると主張し、日本を訪れたことのある中国人であれば日本の公共交通機関などで「1人で登下校している小学生」の姿を見たことがあるはずだと紹介。また、日本では幼い子どもでも「おつかいもの」や「片付け」をして家事の手伝いをするのは特に珍しいことではないと指摘した。

 一方、中国では小学6年生になっても「保護者にカバンを持ってもらって、保護者の付き添いのもと登下校するのが普通」のことであり、子どもに片付けや掃除をさせることはないと指摘。つまり、中国が日本に最も「差をつけられている」のは「子どもの自立能力」であり、中国人の保護者は子どもは勉強だけしていれば良いと考え、風呂から食事に至るまで「なんでも子どもにしてあげようとする」と指摘し、それゆえ、子どもたちは「自分一人では何もすることができない大人」になってしまうと指摘した。

 さらに記事は、日本の親は「子どもが自分で何かに取り組もう」としている時、たとえ、子どもが完璧にできないとしても敢えて手を貸そうとはしないと強調し、それは、「親が手を貸すということは、子どもの成長を阻害する」ということを日本人は知っているからだと指摘。子どもが「自分で考え、自分で解決する」ための能力を養う教育を行っている日本人は「中国人からすれば恐ろしい存在」であると伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
これが日本の田舎なのか・・・わずか3泊しただけで「常識が覆された」=中国報道
自分は日本の製造業の強さを知っている! 忘れられない26年前の「あの衝撃」=中国報道
そういうことだったのか! 訪日して「交通渋滞がない理由」がやっと分かった=中国
我が国も高速鉄道が飛躍的に発展したが、「日本の鉄道にはハードもソフトも敵わない」=中国報道
これが日本の病院なのか! 同僚の付き添いで訪れて「衝撃」=中国報道

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。