コロナウイルスが蔓延する中、日本で流行っているものって何?=中国メディア

 新型コロナウイルス が全世界で蔓延している。日本でも4月から各都市で緊急事態宣言が出され、3つの「密」を避けるように言われている。厚生労働省の報告によると、この宣言が出される前と比べ、外出する人の人数は約70%減少しているという。では、現在日常生活に制限が課され「Stay Home」を余儀なくされている日本人の間では何が流行っているのだろうか。中国メディア人民日報海外網が「中国にはない、いくつかの習慣」を伝えている。

 まず、流行っているのは「ネット飲み会」。元々日本企業には仕事帰りに上司や同僚と呑みに行く習慣がある。しかしコロナの影響で多くの企業が在宅勤務にシフト替えになり、その結果居酒屋へ行くこともなくなってしまった。同僚とのコミュニケーション不足を解消するためネット飲み会でおしゃべりをして情報共有している。これはコストが掛からず自由に退席できるのも魅力の一つかもしれない。さらに、ネット飲み会のために補助金を出している企業についても紹介している。

 次は、「ネットで温泉配信」。コロナの影響で温泉来客者がいなくなっている。温泉好きな日本人のために温泉主が配信しているのがこの温泉だ。源泉から流れ出る熱いお湯と湯気、日本庭園、ゆったりと流れる音楽など目と耳で癒される人が続出している。この温泉配信をみんなで見ながら自宅のお風呂に浸かり温泉気分を味わう、というわけだ。

 最後は、「アイドルのオンラインサイン会」。これを行うことでアイドルをより身近に感じることができる人も多い、とのこと。とはいえ、記事はこのイベントについては「やはりリアルのほうが情報量が多い」という感想を述べている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク