日本の公共バスはこんなにも「乗客に優しい」、これぞ「サービス業の鏡」=中国

日本の公共バスはこんなにも「乗客に優しい」、これぞ「サービス業の鏡」=中国
中国メディアは、日本のバスがいかに乗客に優しいか紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国貴州省でこのほど、路線バスが道路脇の貯水池に転落し21人が死亡するという痛ましい事故が起こった。報道によると、運転手による意図的な事故だったとみられており、ここまで極端な例は少ないとはいえ、中国のバスは普段から運転が荒いので利用客に不評だ。中国メディアの騰訊網はこのほど、日本のバスがいかに乗客に優しいか紹介する記事を掲載した。

 日本のバスはどんなところが中国と違うのだろうか。記事はまず、「運賃の支払い方が違う」と紹介。必ず前払いの中国のバスと違って、日本ではたいてい降車の際に払う後払い方式を取っている。乗車時に整理券を受け取り、距離に応じて下車時に料金を払う。しかも、中国ではスマホ決算ができて便利だと言われているが、日本のバスも現金のほか交通カードを利用できるので十分便利であり、「両替機まで準備されている」といかに利用客に親切かを伝えている。モバイル決済が普及する前には、両替機がなく小銭を事前に準備できなければ乗車できなかった中国では想像もできないことだ。

 記事はさらに、日本のバスは「乗客の安全が第一」だと称賛。バス停で停まった際は乗客が座るまでバスを発車させず、降りる人がいればきちんと確認してから発車するので、中国のようにまだ座らないうちに走り出すことはないと比較した。降車時も、日本のバスは席に座ったままボタンを押し、バスが停まってから席を立つことになっているが、中国では降りたいバス停に着く前にドア付近でスタンバイしておくことが求められる。それでも停まってくれないときは大声で叫ぶ必要もあるほどで「安全」、「親切」からは程遠い。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「テンセント + 日本」のおすすめ記事

「テンセント + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「テンセント + 株価」のおすすめ記事

「テンセント + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月15日の中国記事

キーワード一覧

  1. テンセント 日本
  2. テンセント 株価
  3. テンセント 決算

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。