日本の建築物はまるで「不死鳥」、我が国と違って「地震が起きても倒壊せず」=中国

日本の建築物はまるで「不死鳥」、我が国と違って「地震が起きても倒壊せず」=中国
中国メディアは、日本の建築物が地震でも倒壊しないことを紹介する記事を掲載し、地震が頻繁に発生する国だけあって「その造りに手抜きはないのだ」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国では多くの人が地震を経験したことがないと言われる。四川省など、大規模な地震がたびたび発生する地域は確かに存在するものの、それはあくまでも一部の地域だ。地震の少ない中国では日本のような防災意識が乏しく、耐震性に乏しいレンガ造りの建築物も少なくない。

 日本では大規模な地震がたびたび発生するが、建築物がほとんど倒壊せず、地震の後も長い年月にわたって住み続けられると聞いて、多くの中国人は驚くという。中国メディアの騰訊は5日、日本の建築物が地震でも倒壊しないことを紹介する記事を掲載し、地震が頻繁に発生する国だけあって「その造りに手抜きはないのだ」と伝えた。

 記事はまず、日本は地震が頻繁に起こる国であり、これまでに何度も震災を経験してきたとは周知の事実であるが、日本には地震にも負けない「不死鳥」のような建築物が建ち並んでいると紹介した。

 続けて、中国や欧州では建築資材として「レンガ」が使用されることが一般的だが、レンガは揺れに弱く、地震で容易に倒壊してしまうことを指摘。事実、四川大地震では倒壊したレンガ造りの建築物の下敷きになって大勢の人が犠牲になったと言われている。

 一方、日本の建築物は「鉄筋コンクリート」や「軽量鉄骨」を骨組みとしていると紹介。また、木造であっても「箱型構造」にすることによって、地震の揺れを家全体に分散させ、耐震性能を向上させていると強調したほか、日本では中国のような手抜き工事「おから工程」はほとんど存在しないと強調。手抜きがないからこそ日本の建築物は100年でも立ち続けるのだと論じた。
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「テンセント + 日本」のおすすめ記事

「テンセント + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「テンセント + 株価」のおすすめ記事

「テンセント + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日の中国記事

キーワード一覧

  1. テンセント 日本
  2. テンセント 株価
  3. テンセント 決算

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。