日本の半導体業界が米国から受けた「仕打ち」が、ファーウェイの教訓になっている=中国メディア

日本の半導体業界が米国から受けた「仕打ち」が、ファーウェイの教訓になっている=中国メディア
中国のポータルサイトに「日本の半導体産業が米国からされてきた仕打ちを見れば、ファーウェイがどうして一歩も引こうとしないのかが分かる」とする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国のポータルサイト・百度に9日、「日本の半導体産業が米国からされてきた仕打ちを見れば、ファーウェイがどうして一歩も引こうとしないのかが分かる」とする記事が掲載された。

 記事は、世界一の大国を豪語する米国は各国との貿易を盛んに行う一方で、多くの国と貿易摩擦を生じてきたと紹介。現在はファーウェイ、TikTok(バイトダンス)、テンセントなどがターゲットになっているものの、20世紀後半には日本も米国による制裁の対象にされていたのだと伝えた。

 そして、日本が1970年代に半導体分野で急速に台頭し、廉価で品質の高い製品により、あっという間に国際市場を席巻したところ、世界最大の電子製品生産国だった米国は危機感を覚え、半導体市場において日本企業に制裁を加え始めたと説明。商務省を通じて日本製品のダンピング調査をちらつかせて日本企業に圧力をかけたとしている。

 その後、米国の圧力に対して日本側は再三譲歩の姿勢を見せたものの、日本の半導体が確かな技術と品質を持っていたために世界市場が日本の半導体を手放そうとせず、日本が米国の思惑とは裏腹にますます世界最大の半導体生産国としての地位を固めていく結果になったため、業を煮やした米国は「スーパー301条」を発動してさらなる圧力をかけるに至ったと伝えた。

 また、1986年に日米半導体協定を締結することで、日本の半導体産業が持つ価格面や市場における優位性を潰しにかかったと紹介。米国による圧力攻勢の中、米国との関係を保つべく譲歩を続けた結果、日本の半導体産業は活路を失ったとしている。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。