まさか中国のローカルフードが、日本のコンビニで再現されるとは・・・=中国メディア 

まさか中国のローカルフードが、日本のコンビニで再現されるとは・・・=中国メディア 
中国のポータルサイトに、中国の一地方の超ローカルフードが日本のコンビニエンスストアで商品化され、人気を集めたとする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国のポータルサイト・百度に29日、中国の一地方の超ローカルフードが日本のコンビニエンスストアで商品化され、人気を集めたとする記事が掲載された。

 記事は、中国がグルメ大国であり、レストランで食べられる料理のメニューが豊富であるだけでなく、地域ごとに異なる特色を持つ「小吃」と呼ばれるスナックフードの種類も非常に多いとした上で、近ごろ日本のコンビニエンスストア・セブンイレブンがある中国の「小吃」を商品化したと伝えた。

 日本のコンビニで商品化されたのは、陝西省のローカルフードである「ビャンビャン麺」だ。「ビャン」という文字は画数が非常に多く、「中国で一番難しい漢字」として注目を集めたことで中国でも全国的に有名になった。記事は、きしめん以上に平べったくて太い面を辛味と酸味のあるたれに絡ませた「ビャンビャン麺」の味が非常においしいため、現地を訪れた日本の観光客も好んでこの麺料理を食べると紹介している。

 そして、中国で話題となり、日本でも紹介された「ビャンビャン麺」をセブンイレブンが商品化したところ、たちまち人気に火が付いたとし、中には数件店舗を探し回った末にようやく手に入れたことを報告する日本のブロガーもいるほどだったと説明。「ビャンビャン麺の日本でいかに人気が高いかがうかがえる」とした。

 記事は、セブンイレブンの「ビャンビャン麺」の価格が26元(約400円)程度と、中国人の感覚からすると決して安い値段ではないと伝える一方で、その味はなかなかのものだったようだと紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
どうして北京を占領した日本軍は、紫禁城を破壊しなかったのか=中国メディア 
戦後日本の復活は、朝鮮戦争がきっかけではなかった=中国メディア
日本は中東の石油に依存しているが、ムスリムが日本で生きていくことは難しい=中国メディア 
やっぱり日本の教育は違う! フランス人絶賛の映像、実は中国だった=中国メディア
中国に「循環農業」を根付かせるべく奮闘する、日本の「農家」=中国メディア

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。