中国高速鉄道は不便すぎる「なぜ新幹線のように便利じゃないのか」=中国

中国高速鉄道は不便すぎる「なぜ新幹線のように便利じゃないのか」=中国
経済成長が著しい中国では、特に都市部における発展が目覚ましく、空港や駅などのハード面においては日本以上の最新設備となっているところが多い。しかし、ソフト面では日本と中国との間にまだまだ大きな差があるようだ。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 経済成長が著しい中国では、特に都市部における発展が目覚ましく、空港や駅などのハード面においては日本以上の最新設備となっているところが多い。しかし、ソフト面では日本と中国との間にまだまだ大きな差があるようだ。中国メディアの騰訊は10日、日本と中国の「駅の違い」について考察した記事を掲載した。

 江蘇省蘇州市に住んでいるという記事の中国人筆者は、高速鉄道で30分ほどの距離にある上海へ時々遊びに行くそうだが、毎回「ひどく疲れる」そうだ。これが日本だと周辺都市から東京へ行ってもそれほど疲れず、京都から新幹線で東京へ行っても中国のようには疲れないと感想を述べている。これはなぜなのだろうか。

 中国人筆者によると、中国での移動が疲れるのは「駅に問題があるから」で、3つの原因が考えられるという。その1つは「保安検査」の存在だ。蘇州から高速鉄道を含めた公共交通機関で上海に行くためには少なくとも3回の手荷物などの保安検査を受ける必要があり、面倒で時間も無駄になると指摘した。2つ目は「乗り換えが大変なこと」で、地下鉄駅と高速鉄道駅の距離が離れすぎているためだという。3つ目は「駅が大きすぎること」で、そのため歩く距離が多くなるとしている。

 そのうえで、中国の国情からすると保安検査が必要なのは分かるとしつつも、何度も検査を繰り返すのは無駄だと指摘。中国人は高速鉄道の速度を誇ることが多いが、市民の便利さを向上させるはずの高速鉄道は不便さが際立っていると論じた。また、全国どこも同じように駅が無駄に大きいことも、非常に不便だと不満を述べている。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「テンセント」に関する記事

「テンセント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テンセント」の記事

次に読みたい「テンセント」の記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月13日の中国記事

キーワード一覧

  1. テンセント 日本
  2. テンセント 株価
  3. テンセント 決算

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。