日本が今も「世界第3位の経済大国」の地位を保持しているのは驚きだ!=中国

日本が今も「世界第3位の経済大国」の地位を保持しているのは驚きだ!=中国
1985年9月の「プラザ合意」は日本経済に極めて大きな影響を与えたことで知られており、また日本のバブル崩壊の導火線となったという見方もある。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 1985年9月の「プラザ合意」は日本経済に極めて大きな影響を与えたことで知られており、また、日本のバブル崩壊の導火線となったという見方もある。

 そのバブル崩壊から現在に至るまで、日本経済は「失われた30年」とも呼ばれる経済低迷状態にあるといわれるが、中国メディアの百家号は12日、日本はなぜ今でも世界第3位の経済大国の地位を保持できているのかと問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本は1960年から70年代にかけて高度経済成長を実現し、その後は「米国をまるごと買える」といえるほどの巨大な経済力を得たと紹介。しかし日本の経済における台頭が米国の不興を買ったため、米国はプラザ合意を通じてドル安・円高へと為替レートを調整する手段に出たと説明した。

 続けて、プラザ合意によって日本は輸出が減少する一方、バブル景気が生じ、最終的にはバブル崩壊が生じて日本経済は甚大なダメージを負ったと強調。そして、バブル崩壊によって現在にまで至る「失われた30年」を迎えることになったと指摘しつつも、「日本は今なお世界第3位の経済大国の地位を保持している」の驚きだと指摘し、その理由を知ることは中国にとっても非常に大きな意義があると説明した。

 そして記事は、日本が今なお世界第3位の経済大国である理由の1つは、「日本の教育制度」が関係していると指摘し、教育を重視する日本は優れた人材を数多く生み出し、この大量の人材が日本経済の発展に貢献していると説明。また教育が産み出す優秀な人材に加え、優れた技術力と国際競争力を持つ企業が数多く存在することも日本が今なお大きな経済力を持つ要因であると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
デタラメ抗日ドラマを見た日本人の反応が「意外」すぎた=中国
中国人が日本に住んで「日本人のイメージが壊れた」と語る理由
何かがおかしい! 中国人が「日本の夏の満員電車」で違和感を覚えたワケ
日本の築60年の建築物、中国人の目に「新築同様」に見える理由
日本の製造業が発展してきた秘訣、まさに「我々に足りないものだった」=中国

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月16日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。