なぜ台湾人は店や建物に「日本にちなんだ名前を付けたがる」のか

なぜ台湾人は店や建物に「日本にちなんだ名前を付けたがる」のか
台湾に親日家が多いことは日本でも広く知られているが、中国の動画サイトは、「台湾人は日本の名前を付けるのが好きだが、それはなぜか」と問いかける動画を紹介した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 台湾に親日家が多いことは日本でも広く知られているが、中国の動画サイト・西瓜視頻は、「台湾人は日本の名前を付けるのが好きだが、それはなぜか」と問いかける動画を紹介した。台湾人がさまざまなものに日本式の名前をつけるのは、テレビ番組で取り上げられるほど「よく見られるケース」であると紹介した。

 動画によれば、台湾人は「日本の地名」や「日本人の名前」を使うのが好きだとして、「軽井沢」という鍋料理の店や、「久石譲」というビル、さらには「夏目漱石」という高級住宅地もあると紹介した。久石譲さんといえば、日本を代表する作曲家だが、日本人の著名人の名前をビルや店の名前にしてしまうような事例は枚挙にいとまがないほどに「多い」のだという。

 実際、台湾には他にもたくさんの日本の有名人や地名などが建物の名前に採用されており、音楽プロデューサーの小室哲哉さんの名前や、江戸幕府を開いた徳川家康、さらには東京港区の地名である「表参道」といった名前の建物もあるようだ。このような名前を中国の建物につけるなら、猛反発を受けることが想像でき、まずあり得ないことと言えるだろう。

 では、なぜ台湾人は「日本にちなんだ名前を付けたがる」のだろうか。台湾のテレビ番組では「日本にちなんだ名前は発音した時に気品が感じられる」という意見が出ていたが、もしそれだけが理由ならば、中国国内でも同じようなケースが多発していてもおかしくないはずだ。そう考えると、台湾の人びとが好んで日本の名前を使用するということは、それだけ日本に対する愛着があり、親日感情を持っていることの表れなのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
何かがおかしい! 中国人が「日本の夏の満員電車」で違和感を覚えたワケ
旧満州に現存する「日本人が建てた家」、中国人が称賛してやまない理由
これが靖国神社なのか! 中国ネット民たちが驚いたこと
日本が強国になったのは「必然」、日本を強くした日本人の「ある特性」
多くの中国人が日本に来たまま「国に帰りたがらない理由」=中国

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。