停滞しても今も先進国の日本「過去の日本はそれだけすごかった」=中国メディア

停滞しても今も先進国の日本「過去の日本はそれだけすごかった」=中国メディア
中国メディアは、「この25年、日本経済はほとんど成長していないはずなのに、それでも先進国でいられるのはすごいことだ」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本の経済成長率は、この20年あまり低水準でほとんど変化していないが、今でも世界有数の経済大国であることに変わりはない。中国メディアの騰網は、「この25年、日本経済はほとんど成長していないはずなのに、それでも先進国でいられるのはすごいことだ」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本のGDP推移をみると25年前からさほど変化がないことを指摘。そのため、右肩上がりの成長率で日本を追い抜き、一気に追い越した中国と比べると、中国人としてはどうしても見劣りがするようだ。25年前は中国の7.4倍もあった日本のGDPが、2019年には中国の「約3分の1」にとどまるほど、日中の差は拡大したと指摘している。

 25年前から停滞しているにもかかわらず、日本はなぜ今でも世界第3位の経済大国で、先進国にも数えられているのだろうか。記事は「過去の日本はそれだけすごかったからだ」と指摘。早くに発展した日本は、発展の速度が昔ほどではないというだけで「今でも充分に発展した国」であるため、日本を軽く見るべきではないとしている。また、一人あたりGDPや科学技術力、工業の発展度合いなど多角的に見なければいけないと述べ、GDPの数字だけで安易に決めつけないよう注意を促している。

 日本は「一人当たりのGDP」で中国を大きく上回っており、「科学技術」の分野でも研究者やノーベル賞受賞者の数では日本が中国を大きく上回っている。また「工業」の分野でも、自動車産業や半導体材料、精密機器などで世界の先端を行っており、十分に先進国としての資格を満たしていると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本人に「お金を貸して」と頼んだ中国人が「驚愕」した理由
これが日本の神社仏閣なのか! 魅了された「静けさ」=中国
誇らしい! 日本のパスポートに「古代中国で生まれた書体」があった=中国
上海で最高の眺望を堪能できる建物は「日本企業が建設したビル」だった=中国
日本の中華料理を見て思う「日本人の柔軟性はすごい」=中国

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。