中国人が日本の引越しサービスは「究極」だと表現する理由

 日本の春は入学や入社、転勤などで引っ越しが増えるため、引っ越し業者の繁忙期となる。中国にも引っ越し業者は存在するが、サービスの質という点で日本とは格段の違いがあるのが現状だ。中国メディアの百家号はこのほど、日本の引っ越し業者が提供するサービスから学べることについて紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本と中国の引っ越し業者の違いは、一言でいうと日本は「究極のサービス」を提供していることにあると分析。荷物を運ぶだけでなく、荷造りや梱包、家具の配置や荷ほどき、そして清掃まですべて業者にお任せするプランがあると紹介した。「客はすべての過程において全く手を出す必要がない」と驚いた様子だ。

 また、実際の引っ越し作業の際には「細部に至るまで配慮が払われる」と指摘。洋服はしわが付かないよう専用の箱に入れるが、それはまるで「移動式の簡易クローゼットのようだ」と表現した。さらに、新居に入る際には汚さないように作業員は新しい靴下に履き替えると紹介。土足のまま引っ越し作業を行う中国とは大きな違いだ。

 このほか、引っ越し作業が終わるときれいに清掃して仕上げると紹介。これも、作業したらそのままの中国からするとあり得ないサービスと言えるだろう。最後に盗聴器や盗撮器発見サービスもあると伝え、いかに安心できるサービスを提供しているかを強調した。

 日本の引っ越し業者の質の高いサービスは、中国でもたびたび話題となっており、最近では「日式引っ越し」として日本同様のサービスを提供することを宣伝文句とする業者も出てきた。しかし、実際にはなかなか日本の業者のようなレベルには届かないようであり、真の日本式のサービスを提供するまでにはまだ時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
これが新幹線なのか! 中国ネット「これが本物とパクリの違いだ」
日韓を見ればわかる「国際的な地位の高さは国土面積と無関係」=中国
見てくれ、この気配り! 日本のサービスが「称賛されるわけだ」=中国
戦後の日本が「奇跡的な復興」できた理由、それは「漢字2文字」で表せる=中国
中国では味わえない旅行の楽しみ、それが日本の駅弁だ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月1日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。