個人主義の中国とは違う・・・日本の職場に見られる集団意識=中国

 日本人は「集団意識」が強い国民性だとよく言われるが、中国人からすると特に会社組織において「集団意識が顕著に見られる」と感じるようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、「なぜ日本人は集団意識が強いのか」と問いかけ、日本の職場に見られる集団意識について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の会社における集団意識は「新入社員の歓迎会」から育まれると分析した。楽しく食事をして手締めで終えるが、書面での入社手続きや形式的な入社式よりも歓迎会を行うことで団結力を高めることができるとしている。

 また、会社における集団意識は「ランチタイム」でも見られるという。上司と一緒に店でランチを取る場合、日本では例えば3種類のランチがあっても部下は上司と同じものを注文すると伝えた。必ずしもそうだとは限らないと思うが、この点で中国はそれぞれが好きなものを注文する自由があると主張した。

 さらに、集団意識の強い日本では「報奨制度」も中国とは異なる場合が多いようだ。中国では「出来高制」を採用している会社がほとんどだが、日本では「報奨金」という形が多いと伝えた。この方式の方が従業員同士で嫉妬し合うことを防ぐことができ、チームワークをより強くできると説明した。

 また、すでに過去の制度となりつつあるものの、「終身雇用制度」も日本人の集団意識を強くしてきた制度だったと分析した。会社の存続が自身の一生に関係するため、会社内でも個人の利益より会社の利益を優先するようになり、従業員が一団となって奮闘するようになったと強調した。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。