サツキ剪定方法|時期は5月の花後!サツキがたくさん咲く剪定の仕方

サツキ剪定方法|時期は5月の花後!サツキがたくさん咲く剪定の仕方

春に美しく花を咲かせるサツキは、きちんと剪定してあげることで次の年もきれいな花を見せてくれます。サツキの剪定は方法だけではなく、剪定をおこなう時期も重要です。なぜなら、間違った時期に剪定しようとすると次の年に花を咲かせる花芽を切ってしまうことになり、花つきが悪くなってしまうからです。

そこで、この記事では、サツキの剪定方法や適した時期をご紹介します。この記事を読んで、正しい時期に的確な剪定をおこないましょう。

サツキの剪定時期と方法「花後すぐ!」がカギ

サツキは、4~5月にかけてピンクや白の花を咲かせますが、花が散る6月頃には次の年の花芽をつけはじめる花です。そのため、花が終わってすぐ剪定をおこなわなければ、次の年の花芽を枝と一緒に切ってしまうことになりかねません。

花芽も剪定してしまえば、次の年の花つきが悪くなってしまいます。正しい時期に的確な方法で剪定をおこなうようにしましょう。

【サツキの剪定にあるとよい道具】
  • バリカン:一気に刈り込むことができ、切り口をきれいに仕上げることができます。
  • 刈り込みバサミ:サツキを丸く仕上げるときに便利です。
  • 剪定バサミ:太い枝から細い枝まで簡単に剪定することができます。
  • 園芸用バサミ:樹形の微調節などに役立ちます。
  • ノコギリ:サツキを小さくしたり、剪定バサミで対応できない枝を切ったりするときに使います。
  • 園芸用手袋:ケガ防止のために着用しましょう。滑り止めがついていると安心です。
  • ほうき、ちりとり、熊手、ゴミ袋:剪定した後の掃除に使用します。


サツキの剪定方法

サツキの剪定は、基本的に徒長枝や元気のない細い枝、交差している枝などをカットします。まずはからまったサツキの枝をほどき、不要な枝を見極めて剪定するのです。次は形を整えるために、バリカンで3cmほど刈り込みます。バリカンはサツキの側面からカットし、下から上へ刈り込み最後にサツキのてっぺんの形を整えて、周りのサツキと高さを整えましょう。

これは基本的なサツキの剪定ですが、目的によって剪定のポイントを知っておくとより効率的に剪定することができます。まずは、サツキの生育環境を整えたいときの剪定です。サツキは枝が入り組んだり交差したりして風通しや日当たりが悪くなると、病害虫が発生しやすくなります。

そのため、入り組んだ枝をカットする間引き剪定をおこないましょう。そうすれば剪定によってサツキの生育環境をよくすることができます。次に樹形を整えたい場合の剪定のポイントは、理想の樹形をイメージしていらない枝を切ってしまうということです。

サツキは成長過程とともに形がまばらになり乱れてきます。そのため、理想の形からはずれる枝は剪定してしまうとよいでしょう。樹形が理想の形でそのまま維持したいというときは徒長枝や内側のおかしな方向に伸びている枝をカットしてください。

また、たくさん花芽をつけたいときには伸びた枝に出た芽が双葉になるように枝の先端をカットしましょう。そうすると双葉の根元から新しい花芽がひとつずつ生えてきます。全体を同じように剪定すれば枝は密接して生い茂り、花芽をたくさんつけてくれるでしょう。

サツキ剪定方法|時期は5月の花後!サツキがたくさん咲く剪定の仕方

サツキの剪定後の手入れ

サツキを剪定した後は、元気に育つように栽培環境を整えてあげましょう。

栽培環境

サツキは、日当たりがよい場所で育てるとよいでしょう。しかし、夏の強い日差しでダメージを受けてしまうおそれもあるため、鉢植えなどであれば直接日の当たらない場所に移動させましょう。

また、サツキは水はけがよい土と風通しがよい場所でも元気に成長してくれます。このような場所で育てると、病害虫の予防にもつながります。

水やり

サツキは土が乾かないうちに、しっかりと水やりをするのが上手く育てるコツです。とくに夏は暑く、水分が奪われやすい季節なので、土の乾燥具合を見て朝と夕方の2回水やりをするとよいでしょう。しかし、日中に水やりするのはおすすめできません。

暑い時間帯に水やりをおこなうと、土が吸い込んだ水まで熱くなってしまい、根にダメージを与えてしまうおそれがあるからです。土の中の水分がなくならないように、保水すると元気に育ってくれます。

サツキ剪定方法|時期は5月の花後!サツキがたくさん咲く剪定の仕方

肥料

サツキの成長を促進してくれる肥料は、開花後の6~7月にかけて月1回与えるようにしましょう。肥料はゆっくり肥料の効果が浸透する緩効性肥料や油かすなどがおすすめです。肥料を直接かけると根に栄養過多などで悪影響を与えるおそれがあるため、土と混ぜ合わせて使用しましょう。

病害虫対策

サツキは、ときにハダニなどによる害虫被害やまばらに枯れたような斑点がつく褐斑病などの病気に見舞われることがあります。このような病害虫の被害を防ぐためにも薬剤などを散布しておくとよいでしょう。使用する薬剤によって、散布する量や方法は異なるので容量・用法を守るようにしてください。

また、剪定の後でも枝や葉が交差して風通しや日当たりが悪くなっている場合は、いらない枝を切り取って対処しましょう。

サツキの剪定は業者にお任せください!業者探しは「生活110番」へ

あわせて読みたい

生活110番の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
2020年6月5日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。