島民によるコーヒー産業化へ前進 徳之島コーヒー生産支援プロジェクトのいま 成功モデル確立にむけ試行錯誤

島民によるコーヒー産業化へ前進 徳之島コーヒー生産支援プロジェクトのいま 成功モデル確立にむけ試行錯誤
「AGFコーヒー実証農場」(第二農場)で徳之島コーヒー生産者会の玉誠一代表(右)と泉延吉副会長(19年10月撮影)
2017年夏に伊仙町、徳之島コーヒー生産者会、味の素AGF社、丸紅の4者が契約締結して始動した徳之島コーヒー生産支援プロジェクト。

活動開始して実質4年目を迎える今年、今後の方向性について、電話取材に応じた徳之島コーヒー生産者会の玉誠一代表(75歳)は「コーヒー6次産業化に向けて栽培面積をさらに広げていく必要がある。人手も足りず若手会員も増やしていきたい」と語る。

活動の主要拠点は、徳之島の南端にある鹿児島県大島郡伊仙町。

若手会員を集うにあたり、島外からの移住者に対しては伊仙町役場ではサポート体制を整えているものの、定住化には自助が基本となる。

栽培面積拡大に伴い猫の手も借りたい状況であるというが、新たな人がコーヒーで生活していくには「まずは我々自らが成功モデルを確立しなければならない。台風にも負けないモデルが1つ確立できれば、安心して若い人を誘うことができる」と述べるのは泉延吉副会長(73歳)。

徳之島の中では一部、森林の中で栽培して生産・販売に漕ぎ着けている向きもあるが、泉副会長が目指すのは、量産が見込める平地での栽培方法の確立。

島民によるコーヒー産業化へ前進 徳之島コーヒー生産支援プロジ...の画像はこちら >>
「AGFコーヒー実証農場」(第二農場)で徳之島コーヒー生産者会の玉誠一代表(右)と泉延吉副会長(19年10月撮影) 「平地でも風が当たらないように管理できれば間違いなく産業化できる。耕作放棄地を管理しようという話もある」と説明する。

日本全国がコロナ禍に見舞われている現在、人の往来が困難な中で、AGFと丸紅はリモートで支援。昨年10月から毎月1回のペースでリモート会議を開催するなどして情報交換している。

当時の記事を読む

食品新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク