伊藤ハム 創業者しのぶ「伊藤傳三記念館」竣工 神戸市の創業地に開設

伊藤ハムは、創業者伊藤傳三氏の生涯や同社とハム・ソーセージの歴史や業界発展などが学べる「伊藤傳三記念館」を同社創業の地である兵庫県神戸市に開設し、18日に竣工式を執り行った。来場は一般も対象で無料だが、コロナ禍であるため正式なオープンは未定。館長には同氏の孫に当たる伊藤功一伊藤ハム取締役が就き、副館長の谷口彰彦氏は「将来的には近隣の小学校などに、学習の機会としても提供したい」と抱負を語った。

同館は、同社の2018年の創業90周年事業の企画の一環として同年から計画を進めてきた。所在地は神戸市灘区備後町3丁目2の1で、同社の前身である伊藤食品工業やその後の伊藤栄養食品工業が本社と工場を構えた地で、今でも伊藤ハムの登記上の本店所在地に当たる。

同館展示室は、140インチの大型映像で傳三氏の生涯や企業の歩みなどさまざまな内容を視聴することができ、来場した得意先や消費者に合わせた案内を行う。また、同室の壁面には左右4面ずつで構成されているモニターがあり、歴史や実績、ヒット商品などがタッチモニターで選択して詳細な内容を確認できる。そのほか、研究成果や当時の製品規格書・原価計算書のノートなども展示されている。

同館はマンションの1階にあり、面積は事務所含めて204㎡で、うちエントランス含めた展示室は89㎡。開館時間は基本平日の午前10時から午後4時。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食品新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク