「お~いお茶」の“おいしさの逆算”とは?  松本穂香さんがCMで「開けた瞬間の」と連呼するワケ 新登場の“丸い茶葉”もポイント 伊藤園
伊藤園の安田哲也緑茶ブランドグループマネジャー
 伊藤園は“おいしさの逆算”を毎年進化させて「お~いお茶」の飲料に磨きをかけている。
 今回は旗艦アイテムの「お~いお茶 緑茶」(本体)に「お~いお茶」専用に丸く加工された原料茶葉を使用して中味を刷新し3月14日から発売している。

 “おいしさの逆算”とは、「お~いお茶 緑茶」が製造・保管・輸送され店頭に並び消費者がキャップを開栓する瞬間に起点を置いておいしさを追求する手法で、その点、急須で淹れるお茶リーフ(茶葉)商品とはおいしさへのアプローチが全く異なる。

「お~いお茶」の“おいしさの逆算”とは?  松本穂香さんがC...の画像はこちら >>
伊藤園の安田哲也緑茶ブランドグループマネジャー 取材に応じた安田哲也緑茶ブランドグループマネジャーは「リーフでは淹れたてが一番おいしいが、パッケージ飲料で淹れたては提供できない。製造・物流を経てお客様にお届けするまでに2~3週間はかかることから、そこから逆算して原料・製造を追求している」と語る。

 お茶の大敵は酸素で、主流容器のペットボトル(PET)は未開栓でも酸素を若干透過してしまう性質を持つ。

 「お茶の劣化の速さを表す“宵越しのお茶は飲むな”という言い伝えがあるが、PETはその限りではない。ドリンク専用の茶葉と独自製法を取り入れて、飲まれるまでの時間を考慮しながら酸素や熱の影響をコントロールしてキャップを開けた瞬間に一番おいしい状態を想定している」と説明する。

「お~いお茶」の“おいしさの逆算”とは?  松本穂香さんがCMで「開けた瞬間の」と連呼するワケ 新登場の“丸い茶葉”もポイント 伊藤園
「お~いお茶」専用原料「新・鮮度茶葉2022」と称する丸い茶葉
「お~いお茶」専用原料「新・鮮度茶葉2022」と称する丸い茶葉 これらの取り組みは長年行われているものではあるが、今回のリニューアルで初めて公開したのは「お~いお茶」専用原料「新・鮮度茶葉2022」と称する丸い茶葉。