羊肉使用の本格派・北海道民熱愛の、と表現されがちな郷土料理が『ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば』に!

羊肉使用の本格派・北海道民熱愛の、と表現されがちな郷土料理が『ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば』に!


北海道を中心にイベント感あふれる鉄鍋料理としてこよなく愛されるジンギスカン(成吉思汗/チンギス・ハーン)が、冒険メーカー・まるか食品の手で『ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば』として焼きそば化。しかも本物の羊肉入り。これは、どうなんだろう?

■クセのある香りをかき分けて進めた者だけが味わえる甘じょっぱくて美味しいソース焼きそば
羊肉は若いとラム、大人になるとマトンと呼ばれ、普通にスーパーなどでも売られているけれど、特有のニオイが苦手という人も多いはずだ。北海道の地では野外でもイベント感覚で行うジンギスカン鍋だが、鉄鍋で野菜とソースと一緒にじゅうじゅうするスタイルは鍋物と分類されるよりも焼肉に近い。まあすき焼きも鍋というので、同じことなのかもしれないが。
羊肉使用の本格派・北海道民熱愛の、と表現されがちな郷土料理が『ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば』に!

モンゴルを征したチンギス・ハーンの名を冠しているけれど、あまりモンゴルとは関係ないらしく、中国の羊の焼肉料理が伝来していつの間にか日本に定着してしまったというのが真相らしい。
羊肉使用の本格派・北海道民熱愛の、と表現されがちな郷土料理が『ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば』に!

このラムやマトンを使った羊肉料理の第一の関門は、やはりニオイの問題だろう。たれや香辛料、野菜と一緒にするなどの様々な工夫でも、完全に消すことはできない特別なクセのあるニオイ。ダメな人はものすごくダメなもの。記者も積極的に食べていくタイプの人間ではないので、念のため。
羊肉使用の本格派・北海道民熱愛の、と表現されがちな郷土料理が『ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば』に!

なのにこのまるか食品の『ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば』(122gうち麺90g・希望小売価格 税抜185円・2019年1月21日発売)は、わざわざ本物の乾燥羊肉を使用して作り上げた。うん、結構怖い。

あわせて読みたい

おためし新商品ナビの記事をもっと見る 2019年1月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。