ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば 軽めの苦味にラー油のアクセント

記事まとめ

  • 「ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば」はゴーヤチャンプルーを題材に、ラー油をきかせて完成させた焼きそば。
  • やりすぎ感で定評のあるMAXシリーズだが、115gうち麺90gとなっている。
  • 苦味は軽めで、ラー油の辛さも強くなく、多くの人が楽しめる味となっている。

軽めの苦味にラー油アクセントの塩やきそばスタイルが夏気分な『ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば』!

軽めの苦味にラー油アクセントの塩やきそばスタイルが夏気分な『ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば』!


沖縄料理の定番・ゴーヤチャンプルー(苦瓜混ぜ炒め)を題材に、ラー油をきかせて完成させた『ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば』。沖縄料理好きとしては非常に気になる。元来のゴーヤチャンプルーのようにニガうまが実現されているのか、けっこう期待しながら頂いてみた。

■そこまでMAXじゃないゴーヤ量。苦味もそんなに強めじゃないのでニガうまファンには物足りない!?
まるか食品『ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば』(115gうち麺90g・希望小売価格 税抜193円・2019年7月22日発売)は、やりすぎ感で定評のあるMAXシリーズなので、かなり期待してしまう。一面にゴーヤをしいた緑の見た目だったらうれしいなと、もともとゴーヤチャンプルー好きとしては大いに期待するところ。
軽めの苦味にラー油アクセントの塩やきそばスタイルが夏気分な『ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば』!

その昔、初めてゴーヤチャンプルーを食べた時、その「苦い!」という本来はまずいイメージが襲ってくるのに、同時に「美味しい!」という近くの迷宮に迷い込んだ感が楽しくて、すっかりハマって以来、記者の家では定番ラインナップになったゴーヤ料理。もはや一面緑、どんと来いの心持ちだ。
軽めの苦味にラー油アクセントの塩やきそばスタイルが夏気分な『ペヤング沖縄ゴーヤMAXやきそば』!
このゴジラの背中感のあるフォルムがゴーヤ!
フタをめくって、ゴーヤ、豚肉、にんじん、タマゴの入ったかやく袋を麺上にあけて、湯入れ。「アレクサ、3分経ったら教えて」とAmazon Echoに指示を出し、アラームが鳴ったら湯切りだ。この時☆印のところを持つとバランス良く、熱い思いをせず湯切りがしやすいのでおすすめ(説明に書いてある)。

あわせて読みたい

おためし新商品ナビの記事をもっと見る 2019年8月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら