グラビアアイドルが、イメージDVDや写真集などを発売した際に行なうリリースイベント。毎月多くのイベントが開催されており、週末ともなると1日に何人ものグラドルが行なっている。

そんなイベントに長年通い続けているアイドルウォッチャーの北川昌弘氏が、毎月のイベントの中から印象深かった女のコを3人ずつ3回に分けて紹介! 今回は、2月に行われたイベントレポートの【パート2】をお届け!!

 * * *

☆自ら脚本も担当、肉感ボディを最大限活かした注目作

セクシーお姉さん系の3人がナイスボディをアピール!【アイドル...の画像はこちら >>

4thDVD『カノジョのスキャンダル』(スパイスビジュアル)イベント@ソフマップAKIBAアミューズメント館 (2023年2月5日)

●岡田紗夜(おかだ・さよ)
1996年10月31日生まれ 茨城県出身 T168cm B103 W68 H101
〇4thDVD『カノジョのスキャンダル』(スパイスビジュアル)が発売中

推薦コメント:100cmオーバー、Jカップの肉感ボディグラドル。今回は超ムチムチの大型新人女子アナ設定。しかも透明人間のストーカーがいるという内容。透明人間だからこそ、彼女のプライベートを間近で覗き見ることができるばかりか、いろんなこともできちゃうわけで......。

今回、なんと初の脚本も担当、自分を活かした内容なわけです。ピッチピチのスーツでパンチラしながら取材に行くシーンなども収録。「ファンタジーを感じて、没入して、透明人間になる夢を」堪能しましょう。

23年1月に事務所を円満退社してフリーに。「やりたいことをやりまくる一年にしたい」とのことなので、注目しましょう。取材タイムも自前の赤系V字ハイレグ水着でインパクト十分でありました。

☆モデルからグラビア進出で人気のセクシーお姉さんが大胆水着で登場!

セクシーお姉さん系の3人がナイスボディをアピール!【アイドルウォッチャー・北川のイベントレポート】
2ndDVD『さやかの時間』(スパイスビジュアル)イベント@ソフマップAKIBAアミューズメント館(2023年2月18日)

2ndDVD『さやかの時間』(スパイスビジュアル)イベント@ソフマップAKIBAアミューズメント館(2023年2月18日)

●下村明香(しもむら・さやか)
1999年11月5日生まれ 奈良県出身 T164cm B88 W60 H89
○3rdDVD『ずっと好きだった子』(竹書房)が5月26日発売予定

推薦コメント:ファッションモデルからグラビアにも進出の、女優志望のセクシーお姉さん。グラビアでの憧れは森咲智美サンや葉月あやサンということで、なかなか大胆な大人セクシー路線で早くも人気です。

今回の作品で一番恥ずかしいシーンは、サンプルにも入っている「おにぎり作り」のシーン。素手でおにぎりを握った経験がなかったので、ベチャベチャになったとのこと。

パッケージの表紙を飾っている白のセクシーランジェリー姿も好評。

そして、とにかく取材時の衣装。自分で探して、この日のために用意した黒のセクシー水着が絶妙にエロい。露出度が高いわけではないですが、目のやり場に困るというか、イベントへの意気込みも感じられ、さすがであります。

☆カーヴィーボディのセクシーお姉さんがますますヤバい!

セクシーお姉さん系の3人がナイスボディをアピール!【アイドルウォッチャー・北川のイベントレポート】
2ndDVD『あなたと舞いたい』(竹書房)イベント@ソフマップAKIBAアミューズメント館 (2023年2月23日)

2ndDVD『あなたと舞いたい』(竹書房)イベント@ソフマップAKIBAアミューズメント館 (2023年2月23日)

●比留川マイ(ひるかわ・まい)
1995年10月3日生まれ 神奈川県出身 T160cm B85 W57 H86
〇2ndDVD『あなたと舞いたい』(竹書房)が発売中

推薦コメント:グラドルユニット"sherbetNEO"の元メンバーで、日本酒の唎酒師(ききざけし)。

今回は沖縄ロケでイチャラブ旅行設定。

朝から超ハイレグレオタード(パッケージ写真)でストレッチ。ビーチでとても外では着れないようなピンクの縦眼帯変形小水着に挑戦。ハイレグ競泳水着でお風呂。浴衣展開ではさらし&ふんどし姿。夜ベッドではベージュのY字変形シースルー超ハイレグ衣装。ラストは初ニップレスに挑戦してのウエディング姿。

ファーストDVDよりもさらに攻めて、カーヴィーボディのセクシーお姉さんぶりを発揮しております。

 * * *

今回はナイスボディのセクシーお姉さん系の3人。特に岡田紗夜サンと下村明香サンの取材時の衣装は、ご覧の通りインパクトありました。比留川マイさんの曲線美セクシーボディは、カーヴィーボディ(日本の造語の可能性あり)というのも初めて知りました。

取材・文・撮影/北川昌弘