"爆破メイキング"がバズった大川成美がYouTubeをやって...の画像はこちら >>

グラビアアイドルが当たり前のように自身のYouTubeチャンネルを持つ昨今。週刊プレイボーイ19・20号では、水着+αの動画を日々熱く更新する4人を厳選して、インタビューとともに紹介している。

そちらの特集ではすべてを掲載できなかったインタビュー全文を、撮り下ろし写真とともに週プレNEWSにて掲載。今回はYouTubeチャンネル『なるなるーむ♥』(登録者数/10.4万人)で、主演をつとめた特撮Vシネマ『太陽の戦士レオーナ』の"爆破メイキング"がバズったグラビアアイドル、大川成美さんが登場。

――大川さんはグラビア活動を始める前は銀行で働いていたとか。まったく逆のお仕事ですよね。

大川 はい(笑)。2年間真面目に働いていました。

その前はずっとスポーツ女子で、ソフトボールで国体に出場したことがあります。高校卒業後はITの専門学校に通い、パソコンの国家試験を取りました。本当にグラビアとは真逆の人生を歩んでいますね(笑)。でも小さい頃から芸能の世界に強い憧れがあり、22歳の時、スカウトされたのを機にデビューしました。

――現在はYouTuberとしても活動していますが、そもそも本格的に始めたきっかけは?

大川 2年前、コロナ禍もあって、所属していた事務所がなくなったんです。フリーになった時、せっかくだから新しいことにチャレンジしたくなり、思い浮かんだのがYouTubeです。

それまでにも動画の投稿はしていたんですけど、もっと本格的にやれたらと。ITの専門学校を出ていて、それなりにパソコンを使えるし、何より自分のプレゼンにもなりますよね。思い切ってやることにしました。

――グラビアの撮影風景、旅行、サウナなど、幅広い動画を配信していますよね。

大川 基本は自分の日常や趣味で、それらをVlog的な感じに撮っています。今挙げてもらったもの以外だと、トレーニングやゴルフとか。

普段、ゴルフは妹と回ることもあるんで、出てもらったりもしています。

――そんな中で特に反響があった動画は?

大川 もう10年も主演をやらせていただいている『太陽の戦士レオーナ』(註:小学校教師役の大川さんがレオーナに変身し、悪の怪人たちと戦い続ける特撮Vシネマシリーズ)のメイキングですね。もともとは自分のアクションがちゃんとできているか確認用に撮ったものなんです。それが何本かたまったので、あげてみたところすごい反響があって。もうすでに何本もあげています。中でも爆破シーンのメイキングはすごかったですね。

――『特撮またまた爆破しました。太陽の戦士レオーナ』(2022年9月13日配信)ですね。すでに200万回近く再生されています(2023年4月末現在)。

大川 そう、それです! 爆破シーンの撮影は本当に大変なんですよ。わざわざ遠くまでロケに行くし、セッティングに時間はかかるし、失敗できないから何度もリハするし。たった2~3秒の映像なんですけど、その裏にはスタッフさん方の熱い姿があるんです。

それを大勢の方に見ていただけて嬉しかったです。最近はCGが増えて爆破シーン自体も減少気味。貴重な映像ということで、レオーナファンに限らず、面白がってくれたのかもしれません。

――『レオーナ』の動画ではアクションシーンもありますが、何気ないやり取りを含め、大川さんとスタッフさんとの信頼関係が伝わってきますね。

大川 普段、グラビアをやっているので怪我をして、体に傷をつけることができないんです。とはいえ、コンクリートや岩にぶつかったり、パンチなどの格闘があったり、激しいシーンばかりの『レオーナ』を続けていられるのは、スタッフさんとの信頼関係があるから。

スタート時から、一切スタントマンを使わずに全力でやらせてもらっています。

"爆破メイキング"がバズった大川成美がYouTubeをやってわかったこと【猛プッシュしたい"グラドルYouTuber"④】
大川成美

――動画を制作する上での苦労は?

大川 当たり前ですけど、やっぱり編集ですね。やはり時間がかかりますね。毎日動画を投稿する方がいますけど、本当にすごいですよ。私も毎日が理想だけどなかなか......。それ以外はそこまで苦労とは思わないです。だからこそ続けていられるのかも。

――では制作するうえで心がけていることはあります?

大川 自然体ですね。YouTubeをやり始めた頃は、動画をしっかりと作り込んだほうがいいと思っていたんです。テロップを丁寧に入れたり、細かくシーンをカットしてテンポよくしたり。それらをやるにこしたことはないんだけど、自分の本業はグラビアアイドル。YouTuberらしいとか考えずのびのびやろうって。『レオーナ』の動画もそうですけど、考え方を切り替えて、自由にやり出してからの方が視聴回数が多くなりました。

――YouTubeを始めたことで、グラビアの表現に変化はありました?

大川 ありました。動画で自然のままの自分を出してしていることもあって、グラビアでも自分を無駄に飾らなくなくなりました。

――というと?

大川 私、ずっと自分の体が好きじゃなかったんですよ。スポーツをやっていたせいもあって、筋肉質でお尻が大きいんです。グラビアをやる上で、もっと柔らかでバランスの良いボディに憧れていたんですね。でも日常を撮った動画を配信して、嬉しいコメントをたくさんいただくうち、決して背伸びせず、ありのままの自分がいいと思うようになったんです。いまのままで十分、健康的ですし。YouTubeのおかげで、普段の自分を好きになりました。

――今後、YouTubeでやってみたいことはありますか?

大川 何よりもコラボをしたいですね。じつはまだそれほどしたことがなくて。最近はグラビアアイドルでYouTubeをやってる方も大勢いますよね。たくさんお声がけしていきたいと思っています。

"爆破メイキング"がバズった大川成美がYouTubeをやってわかったこと【猛プッシュしたい"グラドルYouTuber"④】
大川成美

●大川成美(おおかわ・なるみ)
1990年3月20日生まれ 千葉県出身 身長155cm B85 W62 H88
○2014年、グラビアアイドルとしてデビュー。現在は女優・タレントとしても活動中。約10年にわたり主人公を演じ続ける、大人気特撮シリーズ『太陽の戦士レオーナ SEASONII 史上最悪の強敵襲来!』前後編(ZENピクチャーズ) のDVDが大好評発売中!
公式YouTubeチャンネル『なるなるーむ♥』

○まずこの一本
『特撮またまた爆破しました。太陽の戦 士レオーナ 』
大川さん主演の特撮ドラマ『太陽の戦 士レオーナ』の爆破シーン・メイキング。モニター越しに炎と煙が漂ってきそうな絶体絶命の映像に息を呑む!

取材・文/大野智己 撮影/井上たろう ©ZENピクチャーズ