バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分...の画像はこちら >>

『週刊プレイボーイ』2021年50号(撮影/藤本和典)

『週刊プレイボーイ』に登場するタレント、女優、アイドルなど、各分野で活躍する女性たち。彼女たちの記念すべき「初グラビア」にフォーカスし、撮影にまつわるエピソードや当時の想いを綴る連載シリーズが『初グラビア物語~My First Gravure Story~』。

今回は東京六本木のショークラブ・バーレスク東京のエースダンサー・ももさんの前編です。

ももさんは2019年11月東京・六本木にあるバーレスク東京のダンサーとしてデビュー。アイドルを思わせる愛らしいルックスと見事なダンスを武器に、1年も経たずしてSNSの総フォロワー80万人を突破(現在は150万人)し、バーレスクNo.1のダンサーに。グラビアには『週刊プレイボーイ』2020年45号に初登場、バーレスク東京・選抜メンバーとして活動開始。2021年50号で初ソログラビアを披露しています。

昨年末には、1年間で最も輝いていたダンサーをファンが投票で決める「Queen of BURLESQUE 2023」において、2022年に続きグランプリを獲得。

またラジオなどにも出演し、活動の幅を広げつつあるももさん。バーレスク東京への入店の経緯から、週プレでの初グラビアにまつわるエピソードを聞きました。

バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです」【初グラビア物語】
バーレスク・もも

ーー初グラビアとその前後のお話を聞くインタビューシリーズです。ももさんは、小さい頃から芸能のお仕事を夢見ていました?

もも 芸能界は考えたことなかったけど、人に注目されることは好きでしたね。3歳でダンスを習い始め、何度も発表会に出たし、地元・香川県で開催された芸能オーディションにも応募しましたし。

ーーバーレスク東京は、なぜ興味を持ったんですか?

もも 小6の時、ダンス教室の先生が『バーレスク』って映画を教えてくれたんです。

観たらそれが女性らしく肌を見せ、セクシーに踊っているダンサーがカッコよくて! 日本にも同じような場所がないか調べ、バーレスク東京を見つけました。動画などを見ているうち、だんだん「いつかここに入って、ダンサーとして生きるんだ!」と心に決めました。

ーー小学校時代からの夢だったと。とはいえバーレスク東京って、そう簡単に入れるものでもないでしょう?

もも 私が18歳の頃、毎月200人くらい受けてたらしいです。その中で、ダンサーとしてのキャリアとSNSのフォロワー数を問われ、厳しいオーディションを勝ち抜かないといけない。絶望的な気持ちになりましたよ(笑)。

しかも体育大学を受験してダンスを勉強しようとしたんですけど、合格したにも関わらず、お父さんが厳しくて入学させてもらえないし。なので、ひとまずお金をためて上京しようと、宅配会社で働き始めました。

バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです」【初グラビア物語】
バーレスク・もも

ーーそこからどんな経緯でバーレスク東京のダンサーへ?

もも 一度ステージを観なきゃと思って、上京してバーレスクへ行ったら、隣席にオープン直後から通い詰めているという常連のお客様がいて。その方の目にとまり、店長に面接していただけることになったんです! 初めて観るバーレスクのステージは、動画の何倍もまぶしくて、それだけに絶対引っかかりたいと精一杯アピールしました。そうしたらなんと、合格をいただいて! にわかには信じられなかったです!

ーーすごい! 超ラッキーですね! その直後「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)ってテレビ番組で、ももさんが上京する様子を密着されていました(2020年3月29日オンエア)。

もも お店を通じてオファーがあったので受けましたけど、家族との最後の食事やバーレスクの入店から東京での物件探しまで、約半年間ずっとついてくるので正直大変でした。

(笑)。おかげで、入店直後からSNSのフォロワーは激増したので感謝していますけど。

ーーバーレスクの現場はすぐ打ち解けられたんですか?

もも しばらくは難しかったです。宅配会社で男性スタッフに囲まれていたから、(バーレスク東京のある)"六本木"っぽいキラキラした女性だらけの環境に馴染めなくて。しかも、その「ザ・ノンフィクション」に取り上げられたことを快く思わない人もいたり。ずっと周りは仕事仲間で友達ではないんだと自分に言い聞かせ、一匹狼的に振る舞っていました。

でも先輩から「バーレスクはグループなんだからチームワークが大事なんだよ」と言われ、心を入れ替えて。先輩の衣装のお手伝いとか積極的にするように。そこからですね。バーレスクのももって自覚がちゃんと生まれたのは。

ーーももさんは、派手できらびやかではなく、黒髪で素朴なタイプ。当時から"六本木"らしくないと目立っていたそうですね。

もも 最初は"六本木"っぽくいこうと考えていたんですよ。でもある先輩から「ももちゃんはアイドル路線でいったほうがいいよ」ってアドバイスいただいて。自分も敢えて違う方向にいったほうが絶対に印象に残るんじゃないかなとイメージを変えました。その後、TikTokなどを頑張ったこともあり、一年も経たないうちにSNSのフォロワー総数が80万超え。お店で一番の存在になりました。

ーーすごい! 

バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです」【初グラビア物語】
バーレスク・もも

もも でも人気が出たら出たで再度「ザ・ノンフィクション」に出ることになって(2021年5月23日オンエア)、おかげで大変なことになりましたけど(笑)。

ーー一体、何が?

もも じつはバーレスクに入店することをお父さんに話していなかったんです。当時、単身赴任で岡山にいたし、お母さんと話したら、どうせ反対するだろうからって。でもある日、部下に「娘さん、頑張ってますね」って言われ番組を見たら、私はステージで踊ってるし、お母さんと妹も映っているしで驚いたみたいで。「なんだこれは!」って怒りの電話がかかってきました(苦笑)。

ーーお父さんのお気持ちはわかります......。

もも ただその頃になると私に憧れてキャストを目指すコがいたり、私をみて元気をもらいましたと言ってくれる人がすごくたくさんいて。いろんな方々のメッセージを添え、私は「仕事に誇りを持っているから理解して欲しい」って手紙を書いたら納得してくれて。いまでは応援してくれています。

ーーいいお父さんです。さてグラビアの話ですが、ももさんが最初にグラビアに出たのは『週刊プレイボーイ』2020年45号(10月26日発売)の企画グラビア「54人のハロウィンコスプレ祭」。

もも コロナ禍の最中で、バーレスクのメンバー6人で自前衣装の宅コスしました。その後『FLASH』さんでメンバー三人で袋とじに出て(2021年6月18日発売)。それぞれグラビアに出られた時はものすごく嬉しかったです。それ以前から水着撮影会に参加していて、カメラを向けられることに快感を覚えていたんですよ。

ーー水着になることに抵抗は?

もも まったくなかったです。露出に加え、お客さんに「胸寄せてください」とか言われるけど、それも別に。まぁ減るもんじゃないし。それに喜んでくれると、自己肯定感が上がるんです。

ーーソロとしてヤンマガwebでの撮りおろし(2021年4月27日公開)があり、『週刊プレイボーイ』2021年50号の5ページ(11月29日発売)で初の本格グラビアを披露しました。

もも お声がけいただいた時は感激しましたよ! オーナーが週プレさんを大好きで、喜んでくれるのも嬉しかったし。あと、今はそれほどでもないですけど当時はバーレスクって六本木だし、エンタメというより「夜職」のイメージが強くて。

ーーあぁ、水商売的な......。肌を露出して踊るわけですし、偏見を持つ方もいるかもしれませんね。

もも その「夜職」で雑誌グラビアにソロで出るって難しいのかなと思っていたんです。ほとんど見かけたことなかったし。それがまさか自分に声がかかって、しかも週プレさんだなんて! 嬉しすぎました。

ーータイトルは「スペシャルな彼女」。プールサイドで笑顔を向けたり、温泉やサウナでリラックスしたり。じつに愛らしく開放感のあるグラビアでしたね。

バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです」【初グラビア物語】
『週刊プレイボーイ』2021年50号(撮影/藤本和典)より

『週刊プレイボーイ』2021年50号(撮影/藤本和典)より
もも ものすごくナチュラルなんですよ。バーレスクのももではなく、ももという女性を引き出そうとしてくれたのが嬉しかったです。

ーーメイクも薄いじゃないですか? それに抵抗は?

もも まったく。「ザ・ノンフィクション」でさんざんすっぴんをさらしましたし(笑)。それよりもスタッフさん全員、優しく、お姫様みたいに扱ってもらえて、しかも机にはお菓子とか食べ物がたくさん並んでいて......、いや~最高でしたね。

ーー特に好きなカットは?

もも リボンをつけているカットです。担当編集さんがバーレスクを大好きで何度も現場にいらっしゃる女性の方なんですよ。すべてナチュラルなももなんですけど、この衣装だけは、どこかバーレスクの華やかな感じも残してくれている。私、飛び抜けてかわいいわけじゃないし、恐らく全部普通のグラビアだと誌面で埋もれちゃうかなと気になっていたので、ちょっとだけ変化をつけてくれて本当に感動しました。

バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです」【初グラビア物語】
『週刊プレイボーイ2021年50号(撮影/藤本和典)より

『週刊プレイボーイ2021年50号(撮影/藤本和典)より
ーーそれにしてもももさんの胸は形といいサイズといい、グラビア的に立派ですね。でも手ブラはあるし、横乳も堂々と出しちゃってるし、初ソログラビアにしてはサービスしすぎでは(笑)?

もも バーレスクに入ってから、胸を褒められることがやたら増えたんですよ。「いいもの持ってるよね」みたいな(笑)。おかげで、体に自信がついて、自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです。だからどんどん見てくださいって感じ。

ーー今見返してどうですか?

もも いやー本当にいいですよね。表情やポージングとかたどたどしいけど、それがいいというか。自分のダメな部分に気づいていなかったからこそ、逆にナチュラルな自分が出ています。自分のグラビアの中で一番自分らしいし、一番大好きです。

バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです」【初グラビア物語】
バーレスク・もも

バーレスク東京のエースダンサー・ももが語る初水着の記憶「自分は脱げば脱ぐほど輝けると思っているんです」【初グラビア物語】
『スペシャルな彼女』 撮影/藤本和典 価格/1100円(税込)

『スペシャルな彼女』 撮影/藤本和典 価格/1100円(税込)【後編は1月21日(日)
公開です】

●もも 
2000年4月1日生まれ 香川県出身
身長153㎝ 血液型=O型 特技=ラテンダンス
◯ショークラブ「バーレスク東京」のショーダンサー。写真集『バーレスク東京2023-リアル竜宮城の舞姫たち-』(主婦の友社)発売中。
公式X【@momo_burlesque】
公式Instagram【@momo_burlesque】
公式TikTok【@momo_burlesque】

取材・文/大野智己 撮影/荻原大志