AKB48 19期研究生・川村結衣「メンバーにはなったんです...の画像はこちら >>

2005年(平成17年)12月8日に秋葉原で産声を上げたAKB48前田敦子高橋みなみ小嶋陽菜篠田麻里子大島優子指原莉乃ら数々のスターを生み出し、誰もが知る国民的アイドルグループとなった。

あれから十数年、元号は令和に変わり、また新たなスター候補生が続々と加入している。当時とは異なる状況で、彼女たちは何を思いAKB48になろうとしたのか? どこを目指すのか? フレッシュメンバーの魅力を深掘りインタビューでお届けです!

第7回は5月19日に劇場公演デビューをしたばかり、19期研究生川村結衣(かわむら・ゆい)。前編では学生時代の話を聞きましたが、後編はAKB48に入ってから、デビューに向けたレッスンの話や、AKB48としての夢などを語ってもらいました。

■ずっとペンライトを振ってる側だったので、ステージからはこう見えるんだって

――19期生オーディションに合格して、同期と会っていかがでしたか?

川村 5人しかいなくてびっくりしました。もっとたくさんいると思ってました。

――生活も一気に変わりますよね。

川村 月曜から金曜まで普通に北海道で学校に行って、週末はレッスンを受けるために東京へ行って、自分がどこにいるかわからなくなってました。アイドルになった実感はあまりなかったです。

――確かに週の半分以上は北海道の高校生ですもんね。今年の3月17日に行なわれた、ぴあアリーナMMでのお披露目はいかがでしたか?

川村 すごい緊張してガクガクでした。ステージに立ってからはあまり緊張しなかったことは覚えていますけど、ほとんど記憶がないです。

――逆に覚えていることはありますか?

川村 ずっとアイドルが好きで、ペンライトを振ってる側だったので、ステージに立ったら、こう見えてるんだって感動しました。

そこで始めてアイドルになった実感が湧きました。

――周りの反応はいかがでしたか?

川村 オーディションに合格したことを友達にはお披露目のあとに言おうとしてたんですけど、すぐにスマホに連絡が来て。「なんか見たんだけど?」みたいな。私が出ている記事とか写真がたくさん送られてきて、「実は」って伝えました。

――学校ではどうだったんですか?

川村 すごいみんな優しくて。「おめでとう」とか「頑張って」とか。

話したことないコにも、話しかけられたり。

――北海道で帰宅部だったコが、実は東京でアイドルになっていたってすごい話ですよね。そうして、生まれ育った北海道を離れて東京へ行くわけですが友達は悲しんでたのでは?

川村 私の友達、全然悲しんでくれなくて(苦笑)。「頑張ってね」、「私も来年大学で東京へ行くから」みたいな軽い感じで。最後にみんなでカラオケへ行って、写真を撮って。それぐらいでした。

――意外とそんなものなんですね。そして5月19日、19期生の5人が劇場公演デビューをしました。

川村 デビューまでの1週間が人生で1番頑張ってました。他のことをまったく考えなかったです。振りが全然覚えられなくて。高校も行ってるので本当に時間が足りなくて。

家でも深夜まで練習をしてました。

AKB48 19期研究生・川村結衣「メンバーにはなったんですけど、AKB48はずっと憧れの存在です」【連載 なんで令和にAKB48?】
川村結衣

――ファンの間で川村さんはポンコツっぽいイメージを持たれて、心配されていましたよね。

川村 それは知ってます(笑)。

――何くそと思いました?

川村 いや別に......。そうだな、みたいな。

――初日はどうでしたか。

川村 本当に緊張してたんですけど。幕が開いて、始まったらあまり緊張せず楽しくできました。練習の成果も出せたと思います。

――SNS上のファンも「意外と踊れるじゃん」って評価でした。

川村 しゃべるのが苦手なので、さらに踊れない歌えないだと、全部できない人になっちゃうと思って、頑張りました!

AKB48 19期研究生・川村結衣「メンバーにはなったんですけど、AKB48はずっと憧れの存在です」【連載 なんで令和にAKB48?】
川村結衣

――無事に劇場デビューもして、今やっていて楽しいなって思うことは?

川村 毎日です。普通に北海道にいたら、絶対できないことを毎日やらせていただいてるので。1日1日が濃いなって思います。

――今、北海道にいたら何をしてたと思う?

川村 多分勉強してました。東京に行きたいなって気持ちはあったんです。アイドルになりたくて、だったら東京へ行ったほうがいいのかなと。だから勉強して東京の大学に行こうと思ってました。

――その前にアイドルになっちゃいましたね。今のAKB48で自分はどのように活躍ができると思いますか?

川村 うーん。19期のみんなは特技がすごいじゃないですか?

――伊藤百花さんが落語をできたり、花田藍衣さんは魚をさばけますね。

川村 私は特技にY字バランスって書いてあるんですけど。あまりすごくないじゃないですか。インパクトあるものが欲しいなって。なので、まずは特技を探しています。

――何か候補はありますか?

川村 私、すごい野球が好きなんです。北海道出身なので、ファンの方々が握手会で日ハムが何対何で勝ったよとか教えてくださったり。野球好きを極めたらいいのかなって。

――試合はよく観に行きますか?

川村 小学校の頃は日ハムの応援によく行ってました。

――今好きな選手は?

川村 今だと............。昔は西川(遥輝)さんとか中島(卓也)さん。

――どこが良かったんですか?

川村 その理由が思い出せなくて......。

――ズバリ今年は何位になると思いますか?

川村 .........うーん。

――エスコンフィールドは行きましたか!?

川村 行ったことあります。牛タンが美味しかったです(笑)。

――もっと勉強していきましょう(笑)。 これからAKB48としてやりたいことはありますか?

川村 私がアイドルになりたいと思った理由でもあって、すごいおっきい夢なんですけど、ずっとアイドルに元気をもらっていて、それで笑顔になれていたので、今度は自分が誰かにとってのそんな存在になりたいなって。

――もうなれているんじゃないですか?

川村 今はまだたくさんの方に応援していただいてるので。自分が元気や勇気を与えられる存在になりたいです。

――こういうお仕事をしてみたいとかありますか?

川村 今、北海道出身の先輩が3人(小濱心音、水島美結、成田香姫奈)いらっしゃって、4人で何かしらお仕事ができたらいいなって。

成田さんとお話ししたのは『イチオシ!!』(北海道テレビ)さんとか『どさんこワイド』(札幌テレビ)さんとか。

――どちらも北海道で10年以上やってる番組ですね。最後に川村さんにとってAKB48とはなんでしょう?

川村 もう自分もAKB48の一員にはなったんですけど、でもずっと憧れの存在です。

AKB48 19期研究生・川村結衣「メンバーにはなったんですけど、AKB48はずっと憧れの存在です」【連載 なんで令和にAKB48?】
川村結衣

【連載「なんで令和にAKB48?」 次回より毎週木曜日更新になります。次は7月4日、17期生の畠山希美が登場!】

●AKB48
2005年(平成17年)12月8日、秋葉原のAKB48劇場で1期生お披露目。
2022年(令和4年)5月4日に17期生、2023年4月9日に18期生、2024年3月17日に19期生がデビュー!◯AKB48 64thシングルが7月11日発売予定! 『AKB48、最近聞いた!~一緒にKYOUSOUしませんか?~』(テレビ東京系、毎週火曜25:30~)に出演中! ドラマ『星屑テレパス』(テレビ東京ほか)は6月25日よりスタート! 最新情報は公式ホームページをチェック!

●川村結衣(かわむら・ゆい)
2006年6月18日生まれ 北海道出身
身長155㎝ 血液型=A型
Nickname=かわゆい
公式X【@yui_kawamura】

取材・文/関根弘康 撮影/篠田直人