ロンドン五輪 ボクシング金メダリスト・村田諒太の「商品価値」

ロンドン五輪 ボクシング金メダリスト・村田諒太の「商品価値」
日本人には難しいとされてきた、重量級での金メダルを獲得した村田諒太選手。日本の金メダル7個のなかでも最も獲るのが難しいという声も
       
1964年の東京五輪以来、実に48年ぶりとなるボクシングでの金メダルを獲得したミドル級(75kg以下)の村田諒太(りょうた)。

日本プロボクシング協会会長で、元WBA、WBC世界ミニマム級王者の大橋秀行氏が興奮気味に話す。

「正直、自分が生きているうちに日本人の五輪金メダリストを見られるとは思っていませんでした。しかも、(重量級の)ミドル級なんて日本人にとっては夢のまた夢でしたからね」

偉業を成し遂げた村田の強さについて、ボクシングライターの原功(いさお)氏が解説する。

「通常、アマチュアは試合が3分3R(ラウンド)と短いので、作戦上、ボディをあまり打たないケースが多いのですが、村田選手はしっかりとボディを打つ。回を重ねるごとに、目に見えて相手が弱っていくのには驚きましたね。よほどパンチが強く、また、正確に的をとらえているということです」

そして、村田の最大の武器が日本人離れしたパワー。

「日本人がミドル級などの重いクラスで通用しない理由はパワー負けするから。ですが、村田選手はそこに一番の自信を持っていました。前に出る馬力、パンチ力といった部分で、日本人にはないものを身につけています。銀メダルのウズベキスタンの選手は、もとは上の階級で世界選手権でも優勝していました。でも、その相手に体負け、パワー負けをまったくしていませんでしたからね」

ここで頭をよぎるのは、「プロに転向したら、どこまでやれるのか」という素朴な疑問だ。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。