『るろうに剣心』原作マンガ家・和月伸宏「尾田君や武井君は弟子というよりも“同士”ですね」

和月 まあ、彼らは「マンガの申し子」ですから。勝手にああなっていったんです(笑)。みんなもともと才能豊かな“先生”たちで、そんな人たちがたまたま同じ職場で刺激し合った。だから、僕は彼らの“師”ではなく“同士”なんです。

―では、最後に。現在、和月先生は月刊誌で連載していますが、週刊誌で再び新たな作品を描くという思いはありますか?

和月 それは……無理ですね。ストーリーを考えて今の密度の絵を毎週描くというのは体力的に厳しいです。原作付き、もしくは原作者なら、違いますが。でも、『るろうに剣心』が終わったとき、当時の担当だった編集さんに「原作をやってみたい」って言ってみたんです。そしたら「マンガが描けるうちはマンガを描こうね」ということになりました(笑)。

●和月伸宏(わつき・のぶひろ)


1970年生まれ、東京都出身。87年に第33回手塚賞佳作を受賞し、マンガ家デビュー。94年に『週刊少年ジャンプ』にて『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』が連載開始。「エンターテインメントの基本は笑顔とハッピーエンド」が信条

■映画『るろうに剣心』8月25日(土)より全国ロードショー


原作のストーリーを迫力の映像でつづった“本格時代劇アクション”。監督はドラマ『龍馬伝』、映画『ハゲタカ』で知られる大友啓史。主人公・緋村剣心を佐藤健、ヒロインの神谷薫を武井咲が演じる


(c)和月伸宏/集英社 (c)2012「るろうに剣心」製作委員会

元の記事を読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2012年8月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。