20代、30代の若いサラリーマンに「新型うつ」の患者が激増している

飲み会や旅行には元気に参加できるのに、仕事になると激しく気分が落ち込んで動けなくなる。勤労意欲を喪失した原因は自分の周囲の他の人間にあると考えるため、堂々と休職する。そんな「新型うつ」の症状を訴える若者が増えている。

いくつかの企業と契約をしてカウンセリングを行なっている産業カウンセラーの見波利幸氏が、「明らかに違う病態だ」と感じたのは2008年頃だった。

「それまでは、メンタル不調で私のもとを訪れる人は、30代と40代が80%、20代と50代が10%ずつでした。ところが、2008年から20代の相談者が急増し、翌年には、驚くことに20代だけで90%と逆転現象が起きたんですよ」

その新型うつ病は、症状が症状だけに周囲も「休業中に遊ぶとは!」と嫌悪し、メディアも「怠け病」のごとく強調した。しかし、実は新型うつ病という病名は存在しない。いわゆるマスコミ造語なのだ。

そして、この名称に苦言を呈する医師も少なくない。6月に『「新型うつ病」のデタラメ』(新潮新書)を上梓した、沖縄県豊見城市「なかまクリニック」の中嶋聡院長は、こう指摘する。

「新型うつ病には“うつ病”との言葉はついていますが、うつ病ではありません。“抑うつ状態”を示す心因性の反応である“抑うつ体験反応”です」

例えば、腹痛は“病気”ではなく“状態”のこと。その状態をつくるのは虫垂炎や胃炎という病気の場合もあるし、単なる食べすぎの場合もある。これと同じように、憂鬱な気分という状態にも、“うつ病”の場合もあるし、家族の死や離婚など外からのストレスでの“急性の不安状態”や“抑うつ状態”の場合、あるいは失恋など“単なる落ち込み”の場合もある。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2012年9月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。