まるでバブル! 第4次女子アナブームとはなんだったのか

今年は女子アナ史に残る一年になるかもしれない。

というのも、「第4次」と呼ばれた女子アナブームを牽引していた人気アナたちが続々と局を後にしていっているのだ。

主なところでは、3月末に日本テレビ宮﨑宣子(のぶこ)アナとNHKの神田愛花アナ。6月末にテレビ朝日石井希和(きわ)アナ、7月末にフジテレビ中野美奈子アナ。そして9月末にはフジテレビの平井理央アナが退社。さらに先日、TBSの青木裕子アナが『サンデー・ジャポン』で年内いっぱいでの退社を発表して大きな話題になった。

女子アナ評論家の戸部哲也氏が話す。

「第4次女子アナブームは元フジの高島彩アナと中野美奈子アナが火をつけ、青木裕子アナや平井理央アナが入社した2005年過ぎにピークを迎えました。当時はバブルのような狂騒ぶりで、週刊誌はこぞって女子アナを取り上げ、テレビ局も彼女たちをCDデビューさせたりと売り出しに躍起になっていた。あの頃は本当に異常な過熱ぶりだったと思いますよ。

ブームが落ち着きを見せ始めたのは約2年前。看板アナの世代交代が始まったんです。そして今年、それが完結したと言っていいでしょう」

ひとつの時代の終焉は、新たな時代の幕開けでもある。

「TBSの田中みな実アナやフジの加藤綾子アナを筆頭に、フジのミタパン日テレ徳島えりかアナなどその下の世代も徐々に人気と知名度を上げてきている。第5次女子アナブームが起こるのも時間の問題でしょう」(戸部氏)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

神田愛花のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「神田愛花」に関する記事

「神田愛花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「神田愛花」の記事

次に読みたい「神田愛花」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク