セルジオ越後の一蹴両断! 第283回「神戸の三木谷オーナーはアブラモビッチとはちょっと違うようだね」

大詰めを迎えたJリーグ、広島と仙台による優勝争い以上に熾烈なのが残留争いだ。すでに札幌のJ2降格が決まり、残りふたつとなった残留枠をめぐって新潟、G大阪、神戸、大宮といったチームが空前の大混戦を繰り広げている。そんななか、神戸が3試合を残した時点で西野朗監督の解任に踏み切り、議論を呼んだ。

神戸の今季の監督解任は4月の和田昌裕前監督に続いて2度目。強豪に変革すべく、G大阪で実績を残した“大物”西野監督を迎え、中・長期的なスパンで強化に取り組むと掲げた方針はどこへ行ったのかというわけだ。

でも、僕に言わせれば、神戸の行き当たりばったりの人事は今年に始まったことではないし、特に驚きはない。何しろ、神戸は経営体制が変わった2004年以降、監督は9年間で13回も入れ替わっているからね。選手補強にしても、04年のイルハンをはじめ、今季も8月に獲得したブラジル人選手がまるで使い物にならないなど、そこそこお金は使うけど強くならないチームというイメージが定着している。

もちろん、西野監督に問題がなかったわけではない。伊野波(いのは)、野沢、大久保といった選手の顔ぶれを見れば、神戸は決して残留争いをするようなチームではないからね。ただ、クラブトップの三木谷浩史会長が西野監督就任時に発した「全面的にバックアップして、将来につなげたい」という言葉には、中身が十分伴わなかったように思う。

今回のタイミングでの解任には三木谷さんの意向が強く反映されたと聞く。彼がクラブ存続の最大の功労者なのは誰もが認めるところだけど、プロ野球の東北楽天を見てもわかるように、長期的なチーム強化という点では、それほど力を注いでいないのかもしれないし、性格的に向いていないのかもしれない。いずれにしても、アブラモビッチ(イングランド・チェルシーのオーナー。世界的な大富豪)とはちょっと違うようだね。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。