“世界一”速い16歳、桐生祥秀は9秒台を出せるか?

高校2年生、16歳のスプリンター・桐生祥秀(きりゅうよしひで/京都・洛南[らくなん]高)が、にわかに注目されている。

最初に観客を驚かせたのは10月5日の「ぎふ清流国体」。少年男子A100m決勝で、2位以下を大きく引き離してゴールしたタイムが10秒21という日本高校新&ジュニア日本新記録だった。それまでの記録は、今年4月の織田記念陸上で高校3年の大瀬戸一馬(おおせとかずま/福岡・小倉東[こくらひがし]高)が出した10秒23。

この日、大瀬戸は故障のため予選落ちし直接対決こそできなかったが、記録で上回ったのだ。しかも、これはユース(17歳以下)世界最高記録を0秒02上回る記録であり、追い風わずか0.1mという条件での記録だけに価値は非常に高かった。

「準決勝ではインターハイの敗戦が頭に残っていてスタートで1回フライングしたが、決勝はそれを考えずに臨んだ。自分はスタートが得意ではないので、一歩目をみんなから遅れずに出せればいいと思うと、いいスタートができた」と本人は語る。中盤からスムーズに加速しての好記録。「時計が間違っているのではないかとビックリした」という桐生だが「まだ後半は力みがあったので、それを改善していけば記録は伸ばせると思う」とも話していた。

その言葉の正しさは1ヵ月後の11月3日に証明される。静岡県で行なわれた「エコパトラックゲームズ」の部門B(中3~高2)の決勝で追い風0.5mのなか、国体以上のスムーズな走りを見せて10秒19と、日本高校記録とジュニア日本記録、ユース世界最高記録もあっさりと更新したのだ。さらに、一般男子4×100mリレーにもアンカーとして出場し、爆走。39秒64の日本高校記録樹立に貢献した。

あわせて読みたい

桐生祥秀のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「桐生祥秀 + 記録」のおすすめ記事

「桐生祥秀 + 記録」のおすすめ記事をもっと見る

「桐生祥秀 + 大会」のおすすめ記事

「桐生祥秀 + 大会」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小平奈緒」のニュース

次に読みたい関連記事「小平奈緒」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 桐生祥秀 リレー
  2. 桐生祥秀 大会
  3. 桐生祥秀 記録

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。