フィギュアスケート・羽生結弦、今どきの高校生らしからぬ素顔とは?

フィギュアスケートのNHK杯(11月23日から25日)でGP(グランプリ)シリーズ2勝目を挙げた羽生結弦(はにゅうゆづる)が、最終日のエキシビションの演技前に明かしたのは、ケータイ電話を持っていないという今どきの高校生らしからぬ一面だった。

「持ちたいとは言ったけど、今はスケートに集中するときだからという両親の方針というか……。自分は流されやすいタイプだし、昔から『スケートに集中しろ』と言われていたから、僕もそのほうがいいかなと思ったんです」

東北高校(宮城県)に在学中の高校3年生。友人への連絡が不便ではないかという質問にも、「友達がいないというわけじゃないですが、スケートをやっていると連絡する用事もそんなにないから」と言って笑わせた。

羽生は中学1年で格上の全日本ジュニアで3位になり、翌シーズンからは全日本ジュニアを連覇、2009~10年シーズンはジュニアGPファイナルを史上最年少で制して世界ジュニアも優勝。シニア初シーズンの11年は四大陸選手権2位で男子の史上最年少メダリストになった。中性的な容姿としなやかな表現力ばかり注目されるが、「どうせなら髙橋(大輔)選手や小塚(崇彦)選手が絶頂期のうちに倒したい」と口にする熱い一面も持つスケーターだ。

そんな羽生がもう一段成長したのは昨季だった。東日本大震災で拠点の仙台のスケートリンクが営業を停止したため、神奈川県を仮の拠点にしてアイスショー出演を練習代わりにした。その逆境を逆手に取り、「観客がいるところで4回転ジャンプを跳んでいる数は、僕が一番だと思う」と自信をつけた。“きれいに降りる”4回転ジャンプを武器に、3月の世界選手権ではSP(ショートプログラム)7位発進と出遅れるも、フリーで挽回して銅メダルを獲得した。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. フィギュアスケート 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。