日本ハムに入団する大谷翔平が挑む「二刀流」のホントの可能性

高卒即メジャー行きの夢を“軌道修正”し、北海道日本ハム入りを決めた岩手・花巻東高校の最速160キロ右腕、大谷(おおたに)翔平。その決定打のひとつは、なんと投手と野手の「二刀流」! 打っても高校通算56本塁打で、常日頃から「パイオニアになりたい」と語っていた彼にとって、さぞ魅力的な殺し文句だったのだろう。

日ハム番記者はこう語る。

「球団が大谷サイドに提案したプランは『中5、6日で先発。登板のない日は野手』というもの。球団内にはリリーフでやらせるという意見もあったようですが、毎日ブルペンに入るのは難しいだろうという栗山英樹監督の意向もあり、このような形になった。話題性抜群だから、営業面では大いに“アリ”です」

ただ、技術が向上した現代のプロのレベルで二刀流とは、言うまでもなく“常識外”の発想。プロはどんな超高校級の“エースで4番”でもどちらかに専念し、そのごく一部のみが成功するという厳しい世界なのだ。球技ライターの大島和人(かずと)氏もこう言う。

「二軍や練習ではある程度やれるかもしれません。しかし、仮に投打とも一軍レベルの力があるとしても、実際に一軍で二刀流を実現させるのは厳しい。中6日で投げる場合でも、次の登板日までキッチリと調整メニューが決まっているわけですから」

それでも、栗山監督は1月の新人合同自主トレから二刀流で練習させると明言。いったいどれくらいマジな話なのか?

「まあ入団させるための誘い文句とはいえ、あそこまで派手に花火を打ち上げた以上、引っ込みはつかないですよね。電撃獲得はいいけれど正直、痛しかゆしといったところでは……」(前出・番記者)

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。