日本代表コンビがJ2降格のガンバ大阪に残留したワケ

日本代表コンビがJ2降格のガンバ大阪に残留したワケ
J1チームに脱出する同僚もいるなか、なぜ日本代表の遠藤(写真)と今野はJ2で戦うことを選んだのか?
大混戦の末にダークホース・広島が初優勝を果たし、2007年にアジアを制したガンバ大阪がJ2に降格するという意外な展開となった昨季のJリーグ。何が起こるかわからないのは、オフの移籍市場も同様だ。Jリーグ事情に詳しい識者3人に、その内幕を明かしてもらった。

***

サッカー専門誌デスクA氏(以下、A):昨年のJ1は広島の優勝、ガンバ大阪がまさかのJ2降格と初めて尽くしの激動のシーズンだったけど、その割にはオフの移籍市場の動きが地味だと思わない?

スポーツ紙記者B氏(以下、B):遠藤保仁、今野泰幸のふたりは絶対、ガンバ大阪を出ると見てたんだけどなあ。J2ではプレーレベルの維持が難しいし、あの過密スケジュールと日本代表活動をかけもちしてたら、特にベテランの遠藤は故障でもしないかと心配だよ。

代理人C氏(以下、C):本人たちにチームを出る気がなかったらしいですよ。主力として、降格の責任を感じてるみたいですから。

A:それに遠藤は1億3000万円、今野は1億円という高額年俸で、しかも、複数年契約の途中。彼らに移籍の意思があったとしても、違約金を含め莫大な資金がかかる。そこまで払えるクラブは今のJリーグにないよ。

B:同じ降格組でも、神戸はそれなりにネームバリューのある選手がごっそり抜けた。

A:ただ、あれは移籍というより、むしろ“厄介払い”的な色合いが強い。大久保嘉人、伊野波(いのは)雅彦、野沢拓也の3人とも年俸が高く、もうベテランの域。それでいてチームを引っ張るリーダータイプではない。予算をカットしつつ、何がなんでも1年でJ1復帰したいクラブ側にとっては、出ていってもらったほうが好都合だった。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。