【競馬】さらば鉄人アンカツ! 伝説の名騎乗ベスト5

1月30日、“アンカツ”の愛称で知られる安藤勝己騎手(52歳)が現役引退を発表した。

1976年に地方競馬の笠松でデビュー。その後、2003年に、史上初となる地方競馬から中央競馬(JRA)への移籍を果たすと、引退までの10年間でGI22勝。地方出身騎手のパイオニアとしてはもちろん、その優れた手綱さばきが競馬界に与えた影響は計り知れない。

その偉大な功績をたたえるべく、週プレが独断と偏見で選んだ5つのレースを振り返る!

●5位 2003年・高松宮記念(GI) ビリーヴ(1着)

中央移籍後わずか30日、初めて迎えたGIで、アンカツはいきなりタイトルを獲得した。

前年のスプリンターズS(ステークス)を制したビリーヴだが、続く香港遠征で大敗。このレースの前哨戦でも2番人気で9着と精彩を欠いた。

「それでも(アンカツさんは)内枠なら勝てるだろうと思っていたようです」

そう当時を振り返るのは、アンカツ取材をライフワークとし、著書に『安藤勝己の頭脳』などがある競馬ライターの亀谷敬正氏だ。

希望どおりに1番ゲートを引き当てたアンカツとビリーヴは、1番人気のショウナンカンプをマークするように3番手で追走。そして、直線で早々と先頭に抜け出す。ゴール目前、「安藤勝己、夢にまで見たGI制覇!」と叫んだのは、実況を務めたラジオNIKKEIの藤田直樹アナだった。実は藤田アナも1番ゲートに予感めいたものを感じていたという。

「これは勝ちそうだなと思い、10個くらいフレーズを用意していたんです」(藤田アナ)...続きを読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2013年2月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。