レスリング「五輪除外」を決めたIOC理事会14人の“疑惑の人選過程”

2月12日に国際オリンピック委員会(IOC)がスイスで開催した理事会で、2020年五輪ではロンドン五輪で実施した26競技の中からレスリングを除外する方向で話を進めていくことを決めた「レスリング『五輪除外』問題」。これに対し、翌日に日本レスリング協会が開いた会見で、福田富昭会長は「IOCから明確な理由を示されていない。どういう手を打ったらいいのか」と困り果てた顔で話した。

この理事会にはIOCのジャック・ロゲ会長、4人の副会長、10人の理事が出席。レスリング、近代五種、ホッケー、カヌー、テコンドーからひとつの競技が除外候補として過半数を得るまで、ロゲ会長を除く14人が投票を繰り返した上での決定だったという。だが、そのプロセスに日本レスリング協会広報委員の樋口郁夫氏は首をかしげる。

「今まで(IOC上層部の)理事会での決議は競技数の増減のみ。競技を入れたり外したりするのは、(現在は101名いるIOC委員も出席する)総会での決議事項でした。理事会で決めるのは今回が初めてなんじゃないですかね」

投票した14人の人選も不可解。福田会長の話によると、選挙ではなくロゲ会長の独断で選ばれたというのだ。さらに、この14人の国籍やバックボーンを調べてみると、半数の7人が西欧圏の人間で、ヨットやボートといったマイナー競技の関係者も含まれている。フェンシングに至っては副会長と理事にひとりずつ入っているのだ。

反対にサッカー、

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「レスリング + 女子」のおすすめ記事

「レスリング + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「レスリング + パワハラ」のおすすめ記事

「レスリング + パワハラ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. レスリング パワハラ
  2. レスリング 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。