日本初の“脱北女子大生”が激白「日本で初めてコスプレを見たときは衝撃でした(笑)」

日本初の“脱北女子大生”が激白「日本で初めてコスプレを見たときは衝撃でした(笑)」
“脱北女子大生”が明かす、故郷・北朝鮮、中国での潜伏生活、そして日本の生活で感じたこととは……?
日本入りした脱北者として初めて大学に進学したリ・ハナさん(仮名)が、2005年に来日してからの奮闘の日々や、脱北の経緯、中国での潜伏生活などをつづった手記を出版し、話題を呼んでいる。「現在、日本で暮らす約300人の脱北者のことを理解してもらうきっかけになれば」と願う彼女の口から語られる言葉とは?

■「日本に着いてもまだ不安でした」

「関西空港に降り立ったとき、まだ疑心暗鬼でした。ダマされているのではないか? ここは日本などでなく、別の国ではないのか? 長い潜伏生活で、すっかり人を信じられなくなっていたのです。そんな私を見かねたのでしょう。飛行機内では同行してくれた方が私の緊張を解こうと、これから暮らすことになる日本について説明してくれたのですが、まったく頭に入りませんでした。

心から安心できたのは、出迎えの支援者から『ここは日本だよ。もう怖がらなくていいんだよ』と、声をかけられたときでした。脱北以来、肌身離さず隠し持ってきた自殺用のカミソリも、その後、やっと捨てることができました」

リ・ハナ(仮名)、30歳。北朝鮮新義州市生まれ。長崎生まれの在日コリアンを父に持つ。父は家族とともに1970年代後半、北朝鮮へ帰国。現地で結婚し、やがて、彼女が生まれる。一緒に帰国した祖父母が日本から一定の財産を持ち帰ったこともあって、一家は裕福な暮らしを送っていた。自宅には北朝鮮では珍しいマイカーもあり、それは彼女にとっても自慢のタネだった。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2013年3月15日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。