美人芥川賞作家・綿矢りさが“こじらせ系作家”に変身中?

美人芥川賞作家・綿矢りさが“こじらせ系作家”に変身中?
美人芥川賞作家・綿矢りさが、長年のスランプから空回りの恋愛体験、前田敦子論まで語り尽くす!
       
芥川賞を史上最年少19歳で受賞したのが2004年。あれから約10年、綿矢りさが若手美人作家のイメージを自ら否定するような、負け女感漂う“こじらせ系作家”に大化けしていた? 男子も共感必至の“非リア充”な物語の秘密から、イタすぎる恋愛経験まで、本人を緊急直撃!

■蹴る側じゃなくて蹴られる側です

―あの、本題に入る前にですね、ある筋から綿矢さんがかなりのAKB48好きだという情報をキャッチしまして……ホントですか。

綿矢 ……ついにきましたか、この話をするときが(笑)。

―そのための場なんでぜひ。

綿矢 公に話すのが初めてでちょっと緊張するんですけど、あの……好きです。卒業した前田敦子さんを非常に推してたんですよ。『あっちゃん』とか『不器用』っていう写真集を買ったり、卒業の東京ドーム公演もダーッてめっちゃ泣きながら見てました。

―大ファンじゃないですか!

綿矢 “ゼロ”っぽい感じが好きなんですよね。いろんなキャラの人がいるAKBの中で、自分のままでいられる感じっていうか。YouTubeに上がってる動画に、あっちゃんがサロンでエクステを外してもらいながら寝そうになってる場面があるんですけど、すごくイイんです。カメラがあるって知ってるのに全然気にしないで、「最近ちょっとこのへんが痛くて……」とか言いながら自分でもエクステを外してる感じとか、天然でカワイイなって。

―無防備な感じですね。

綿矢 演技じゃない、ライブ感っていうか。アイドルらしくないって批判する人もいるけど、見られる職業でそれを保ち続けるのは難しいことだと思うんです。めっちゃカワイイし。でも、本人は意外と怖いんかな? 胸にブラックホールみたいなものを抱えてるのが、彼女の美しさに絶対関わってるはずやから……会ったことないのに勝手なこと言ってますけど(笑)。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。