“ミドリムシ燃料”で日本が産油国になる?

「未来の資源」として1950年代から期待されながらも、培養の難しさから研究が途絶えかけていた藻の一種、ミドリムシ。世界で初めて、その大量培養に成功したのが『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦』の著者・出雲充氏率いるベンチャー企業「ユーグレナ」だ。これにより、出雲氏は世界経済フォーラム(ダボス会議)の「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出されるなど、現在、世界的に注目を浴びている。

―ミドリムシというのは相当、すごいらしいですね。

「よく、青魚を食べるとDHAが摂れてボケなくなりますよ、なんていわれますよね。あのDHAは、青魚が作っているわけではなくて、実はミドリムシが持っているものなんです。ミドリムシが体内で栄養素を作り、それをミジンコが食べ、それを魚が食べて体内にため込んでいます。それを人が摂取する、というわけです」

―知らず知らずのうちに、多くの人がミドリムシが作った栄養素を口にしていると。

「それだけじゃありません。ミドリムシがすごいのは、魚だけでなく、体内で動物の栄養素も生成できるということ。こんな生物はほかにいない。ミドリムシを世界中に行き渡らせることができれば、栄養失調の問題は解決します」

―しかも、ミドリムシはジェット燃料にもなると聞きました。

「ミドリムシからは化石燃料に近い油を精製することができます。だから飛行機も飛ばせますし、将来はガソリンスタンドで、『レギュラー』『ハイオク』『ミドリムシ』なんてふうに売られているかもしれません」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク